象かトラか、我が家の場合

シェアする

Pocket

外国人観光客にも人気がある

日本製マグを買うときに迷うのは

どこのメーカーのものを選ぶか

わたしは象派です

象印100周年

本日(2018年5月10日)の朝刊で目を引いたのは、象印の100周年記念広告です

マンガでの見開き広告はなかなかのインパクト

日本経済新聞に掲載された2面全面広告が「第1話」となっていたので、別の日に続くのかと思いきや、「第2話」は本日の読売新聞朝刊、「第3話」は朝日新聞朝刊、「第4話」は産経新聞朝刊、「第5話」は毎日新聞朝刊に掲載されていたようです

象印100周年記念web というサイトもあり、そちらで第1話から第5話までが掲載されているので読むことが出来ます

象印の100年の歴史と商品開発の情熱が感じられます

周年記念広告を締めくくる第5話は、「みまもりほっとライン」誕生のストーリー

「みまもりほっとライン」とは、無線通信機を内蔵した「電気ポット」の使用状況から、離れて暮らす家族の生活を見守ることができる安否確認サービスです

日用品を利用してシニアの日々の生活を見守る仕組みは、ITを利用した、高齢化社会の新しいコミュニケーションの形をもたらしました(最近流れているCMも面白いです)

どう選ぶかケイタイマグ

外出の際に持ち歩くことの多い、ケイタイマグ

皆さんはどうやって選んでいますか

コーヒーショップやカフェのマグはお洒落ですが、実用性(持ち運びや洗いやすさ等)を重視すると、メーカーのものがやはり優れています

サーモス、タイガーと色々使いましたが、わたしは象印が一番お気に入りです

我が家で使い勝手がよく、最も長持ちするのが象印のものでした(トップの写真以外にもいくつか持っているのですが、今日も出はらっていました)

なので、本日の2面新聞広告も興味深く読みましたよ

兄弟での創業、大阪が創業の地だったこと、「象印」誕生の理由などをあらためて知ることが出来ました

象かトラか

さて、タイトルの「象かトラか」というと、なんのことかと思うでしょう

ケイタイマグ、とくにステンレスタイプの水筒は、中国人観光客をはじめ外国人に大人気です

なかでも、ダントツの人気メーカーは象印とタイガー

仕事で中国を行き来する夫は、現地の方に買い物のリクエストをされたこともあります

その場合は、象かトラか(象印かタイガーか)もあらかじめ指定があるようです

普段からカバンにマイ水筒を持ち歩く中国人にとっては、性能のよい日本製のマグは大人気なのです

わたしは断然、象派です

***編集後記***

100周年記念広告によると「象は力持ちで長生きで家族愛も強い、魔法瓶にピッタリや」と登場した「象印」

幸運の象徴、縁起が良いといわれる象が動物の中で一番好きなのも、象印派の一因かもしれません