GWに行われる社会実験~江ノ電混雑への対処

シェアする

Pocket

混雑するゴールデンウィークには

江ノ電に乗車するために長い列ができます

沿線住民を優先乗車させる社会実験が今年も計画されています

GWに実施する社会実験とは

ゴールデンウィークの鎌倉は観光客でいっぱい

渋滞も激しく、鎌倉から藤沢をむすぶ江ノ電は乗車するために日によって長い列ができます

江ノ島電鉄を利用する沿線住民・在勤・在学者は、混雑時、江ノ電に乗車しづらくなり、日常生活に影響が生じていることから、沿線住民などは鎌倉駅構外の乗車待ち列に並ばずに駅構内へ入場できる取り組みを実験的に行うことになりました

2018年は、5月3日(木)と5月4日(金)にこの社会実験が行われる予定です

社会実験の方法は、沿線住民や在勤・在学の対象者が事前申請を行い、鎌倉市が「江ノ電沿線住民等証明書」を配布します

実験当日、江ノ電鎌倉駅西口改札にて、この証明書を提示した対象者は、駅構外に乗車待ち列が出来ていても、待ち列に並ばず、駅構内の列の最後尾に案内されます

これにより、事前に申請した沿線住民は、江ノ電に優先的に乗車できるようになります

昨年は実施されず

この社会実験は、昨年初めて行われるはずでした

1年を通して観光客の多い鎌倉ですが ゴールデンウィークの混雑ぶりは群を抜いています とくに混雑する江ノ電について 沿線住民...

2017年は、沿線住民等が事前申請を行い、鎌倉市が「江ノ電沿線住民等証明書」を発行、までは行われました(証明書発行数 1,200枚)

しかし、社会実験当日(2017年5月6日土曜日)は、江ノ電への乗車待ちの列が駅構外に及ばなかったことから、通常どおりの乗車となり、証明書による沿線住民等の駅構内への入場は実施されなかったのです

なお、社会実験当日以前の2017年5月3日から5日は、駅構外への乗車待ちの列が発生し、最大で約1時間程度の乗車待ちとなっていたそう…皮肉なものですね

2018年は5月3日と5月4日です

2018年の連休中に行われる実験は、5月3日(木)と5月4日(金)午前10時から午後4時までを予定しています

昨年同様、駅構外への行列が発生しない場合は通常の対応となります

連休は前半がとくに混雑しますので、今年は実施される可能性が高いでしょう

事前申請により鎌倉市が発行する「江ノ電沿線住民等証明書」の発行期間は、2018年4月23日(月)から4月29 日(日)の間です

4月23日(月)から4月27日(金)までは、江ノ電鎌倉駅構内と鎌倉市役所本庁舎 2 階交通政策課、4月28日(土)と29日(日)は、鎌倉市役所第3分庁舎講堂、で発行されます

社会実験当日は「江ノ電沿線住民等証明書」は発行されないので、必ず発行期間中に申請手続きを行う必要があります

「江ノ電沿線住民等証明書」は昨年メディアでも報道されましたし、今年は昨年より早く実験実施が予告されましたので、「実施結果」の報告が待たれます

でも、行列ができないで実験が実施されないほうがよいのですけどね

***編集後記***

男女共同参画社会の推進に向けた取組みの一環で、東京地方税理士会の「会長と女性会員との懇談会」に出席することになりました

女性会員からの意見、要望等、なにかあれば…