江ノ電は電車だけでなくバスもある

シェアする

Pocket

江ノ電というと

海沿いを走る電車という印象が強いのですが

江ノ電バスというバスも

湘南地域を走っています

江ノ電バスとは

江ノ電というと、海沿いを走る路面電車の印象が強いです。

でも、江ノ電は電車だけではありません。

江ノ電、正確には江ノ島電鉄を営む江ノ島電鉄株式会社のバス事業のブランド名が「江ノ電バス

鎌倉や湘南エリアに住む人、訪れる人の足を支える重要な交通手段でもある江ノ電バスは、路線バス以外にも、貸切バス、観光バス、夜間高速バスの運行も行っています。

江ノ電のイメージカラーが緑色なら、江ノ電バスはオレンジ色の車体で、鎌倉江ノ島エリアを走り回っています。

江ノ電バスファミリーフェスタ

その江ノ電バスに乗っていて、目に留まったのが「江ノ電バスファミリーフェスタ」の広告。

今年で5回目というこのイベントは、乗客への感謝とともにバスに親しんでもらうことを目的に、会場である江ノ電バス藤沢 湘南営業所の竣工記念を機に定期的に開催されています。

昨日(平成29年3月20日)行われた江ノ電バスファミリーフェスタでは、バス車両の展示、近隣交通機関のゆるキャラの集合、各種イベント、物販ゾーン、飲食ゾーンありの、にぎやかなイベントで、たくさんのひとが集まっていました。

会場の江ノ電バス藤沢 湘南営業所は、JR大船駅東口交通広場、またはJR藤沢駅南口からバスでそれぞれ10~15分程度の距離です。入場は無料です。

様々な体験ができます

江ノ電バスファミリーフェスタの一番の魅力は、様々な体験ができること。

バス車両の展示だけでなく、運転手気分を味わえる「運転席着席体験」や、バス用の大きな洗車機での洗車をバスの中から見学できる「大型洗車機体験」、実際に会場周辺を走行して座席の乗り心地を体感できる「夜間高速バス乗車体験ツアー」などの体験型イベントが人気です。

今年は江ノ電バスをキャンバスに見立てて、アクリル絵の具で絵を描く「江ノ電キャンバス」も初めて登場。

服が汚れないようにポンチョを着て、小学生がバスの塗り絵に挑戦していました。

大型洗車機体験」や「夜間高速バス乗車体験ツアー」は、整理券を手に入れるための列が…

整理券を手に入れて参加した「夜間高速バス乗車体験ツアー」では、3列シートに座ると、金沢行バスの放送が流れて、そのものの雰囲気!

残念ながら、福井・金沢行の夜間高速バスの運行は、この3月で終了とのことで、北陸新幹線の影響でしょうか。
夜間高速バスもいまはWifi 完備なんですね。しばらくぶりだったので、時代を感じました。
授乳やオムツ替えももちろんバスにて
立体駐車場の下が会場のため、ちょっと薄暗いのが残念ですが、全体的に行き届いたイベントで、乗り物好きの方にはおススメです。