資産の終活、どのように始めますか?

シェアする

Pocket

人生の終わりに向けて自分で考えて準備する「終活」

延命治療や介護、葬儀やお墓の希望をまとめることも大切ですが

財産の引継ぎのための準備も大切です

資産のリストをつくる

相続が発生して相続人が困惑するのは、亡くなった方にどんな財産があるのかわからないこと

財産内訳があるかわからないと、調べるあげるだけでかなりの労力と時間がかかります

そこで、大切な財産の引継ぎのためにも、保有する不動産や金融資産をリストアップしておくことをお勧めしています

リストの作成を始めるのはなかなか大変ですが、どこにどんな財産があるのかハッキリしてス良かった、と皆さん口をそろえて言われます

リストに記入すべきことは、

  • 不動産→所在地、面積など
  • 預貯金→銀行名、支店名、口座番号、残高など
  • 株式、債券、投資信託→証券会社、支店名、所有する銘柄、株数など
  • 保険、個人年金→保険会社、保険証券の番号や内容(契約者、被保険者)
  • クレジットカード→所有するカード情報(カード引落になっている取引内容も)
  • 貴金属、美術品、ゴルフ会員権
  • 受給している年金の情報

など

借入金があれば、その情報も加えます

あらかじめ資産のリストを作っておくと、相続に備えて遺言を書く際にも役立ちます

インターネット取引と定期的な見直しに注意

リスト作成時に注意すべき点は、最近増えているインターネット取引にも目を配ること

実在店舗や支店をもたないネット銀行やネット証券に口座をお持ちでも、先のリストに載っていれば、万が一の時は家族の連絡により資産を凍結・清算できます

また、リストには作成日を記して、定期的に見直すことが大切です

誕生日や正月など、決めた時期に毎年更新するように決めるとよいでしょう

その存在と保管場所を知らせておく

最後に、作成したリストの存在を家族などに知らせることもお忘れなく

家族でなくても、信頼できる友人などにリストの存在と保管場所を知らせます

せっかく作成したリストです

万が一のときに活用されるように伝えておかなくてはなりません

少子高齢化、単身世帯の増加で、この部分が一番難しいという方もいらっしゃいます

ネット取引の増加と同様に、現代ならではのこうした課題を重く受け止めています

***編集後記***

10月とは思えない暑さでしたが、研修の会場はやっぱり寒かった…

ブランケット必携です