たらい回しにしない「おくやみコーナー」とは?

シェアする

Pocket

死亡に伴う行政手続きは

複数の部署にまたがり作るべき書類も少なくありません

遺された家族の死亡手続きの負担を減らそうと

大分県別府市がはじめたワンストップサービスとは?

死亡にまつわる役所でのたくさんの手続き

死亡にまつわる行政手続きは複数の部署にまたがります。

役所の手続きが多くて半日以上かかる場合もすくなくありません。

死亡時の役所での手続きは20項目以上もあるといわれ、それぞれの課で、同じことを何度も言ったり、同じような書類を何度も出す必要があることもあります。

手続に必要な課が遺された家族には分かりにくく、手探りで回った結果、余計に時間がかかることも。

そんな状況を改善するために、始められた試みがあります。

市役所内の「おくやみコーナー」

大分県別府市が設置している「おくやみコーナー」は、遺された家族に心強いフォローを提供しています。

おくやみコーナーは、遺族の死亡手続きの負担を減らそうと始めたワンストップサービス。

手続きの必要な課への案内と関係書類の作成を補助(一部案内のみ)します。

具体的には、コーナーの受付で、担当職員が亡くなった方についての情報をもとに、死亡に関する役所の申請書を一括して作成。手続が必要な課への案内と関係書類の作成を補助してもらい、ワンストップで手続きをすすめることが可能です。

関係する課とも情報を共有して手続きの種類を選別、必要に応じて他の窓口に案内するか、その担当課の職員がコーナーまで出向くなどして手続きを完了するといいます。

死亡に伴う市役所での主な手続き一覧|別府市

「死亡」に特化した窓口の設置による効果

大切な人を亡くしたばかりの家族にとって、どこで何を届け出ればよいかわからない状況のもと、手探りで役所内を回り、同じことを記入する、というのは大きな負担です。

おくやみコーナーのような、「死亡」に特化した窓口で、必要な手続きを案内・関係書類を一括作成してもらうと、処理時間もかなり短縮されます。

利便性やスピードを重視しながら、市民に向き合う姿勢が感じられる、この取り組み。

もっと広まっていいですね!

***編集後記***

半年くらい、もやもやしていたことが解消! 来春が楽しみです。