早くも固定資産税のシーズン、評価替え年度ですよ

シェアする

Pocket

早くも平成30年度固定資産税の

納税通知書が届きました

鎌倉市の場合

4月2日に発送されています

固定資産税の納税通知書はいつ届く?

固定資産税とは、土地や家といった固定資産に対して、所有者に毎年課税される税金です

固定資産税の額は、市町村(東京23区は東京都)が固定資産評価額を元に算出、納税義務者に「納税通知書」や「納税明細書」で納付期限や納付期限ごとの納税額などを通知します

「納税通知書」が届く時期は市町村によって違っていますが、納期限の10日前までに通知するように地方税法で決まっています

固定資産税はほとんどの市町村で4期に分けて納付しますので、第1期の納期限の10日前まで、通常、4月から6月の間に「納税通知書」が通知されます

鎌倉市の場合、市のホームページに「平成30年度の納税通知書は、4月2日に発送します」とあります

鎌倉市/土地・家屋の評価額が知りたいです。

はやばやと今日4月3日に納税通知書が届きましたよ

固定資産税はいつまでに納めるの?

固定資産税の納期は「納税通知書」に記載されています

だいたい年4回に分けられていて、その具体的な期日は各市町村ごとに異なります

鎌倉市の場合、固定資産税の納期限は、4月末日、7月末日、12月25日、翌年2月末日(土日祝に当たる場合には翌平日)です

東京都ですと、6月末日、9月末日、12月27日、翌年2月末日(土日祝日に当たる場合は翌平日)

12月、翌年2月はほぼ同じですが、スタートが4月(鎌倉市)と6月(東京都)で2か月も違いますね

納税者の数(ボリューム)の違いですかね

ちなみに、東京都の納税通知書は、例年6月1日に発送されています

クレジットカード納付は未対応の市町村が多い

納税通知書」が届いた、固定資産税

どのように納めるかというと、納付書が同封されていれば、納付書による支払いが通常です

土地家屋を所有していれば毎年納める税金ですので、早めに口座振替の手続きをすると納付の手間が省けます

最近はクレジットカード納付が可能な自治体も増えています

クレジットカード納付を希望するのであれば、ご自分の自治体がクレジットカード納付に対応しているか調べてみましょう

クレジットカード納付は、自治体独自の納付サイトを通して行うか、Yahoo!公金払いを利用するのが一般的です

いつでも自宅から納税できる手軽さが魅力のクレジットカード納付ですが、納付金額に応じた手数料がかかること、1度の手続きで継続的にクレジットカード決済ができるものではないことに注意しましょう

***編集後記***

平成30年度(2018年度)は固定資産(土地・家屋)の評価替えの基準年度です

東京都主税局や政令指定都市などでは、すでに「平成30基準年度路線価図」がホームページにアップされています