相続の悩みをどの専門家に依頼するか

シェアする

Pocket

相続の手続きをすすめる中で

専門家の力を借りることがあります

さまざまな専門家がいるなかで

どの専門家に相談すればよいのでしょうか

相続人だけで話をすすめられない場合

相続の手続きなどをすすめていくうえで、様々な事情により、相続人だけでは手に負えないことがあります

たとえば、相続人の方のお身体が不自由であったり、平日や日中は忙しくて動けない場合であったり…

相続の手続きの中には決められた期限を過ぎると、不利益が生じる手続きもあります

そんなときには、すみやかに弁護士や税理士、司法書士、行政書士などの専門家に相談するのがおすすめです

専門家にも色々な種類があり、たくさんの専門家がいます

様々な専門家のなかからどのような方を選んで相談すればよいのでしょうか

困りごとから専門家を選ぶ

どの専門家に相談すればよいかがわからないときには、困っていることがはっきりしているならば、困りごとを解決してくれそうな専門家を選ぶのが一案です

たとえば、相続人間で争いになってしまったのであれば、弁護士

相続税の申告で悩んでいるのなら、税理士

不動産の名義変更のことなら司法書士へ…というように

まずはその道の専門家のなかから、あなたの困りごとを相談できる信頼できる方を探します

友人知人の紹介や評判、最近だとインターネットなどでも専門家を探すことが出来ます

専門家から専門家を紹介してもらう

最初に相談した専門家が相続を多く取り扱っているのであれば、他士業の関与が必要になった場合でも、その専門家から信頼できる専門家を紹介することができます

たとえば、わたしは税理士ですが、亡くなった方の財産に不動産がある場合には、相続人への名義変更が必要になりますので、司法書士をご紹介することがよくあります

その際には、相続人の方に単に司法書士の住所と氏名をお伝えするというのではなく、司法書士に前もってご状況をお伝えするのはもちろん、相続人の方にご同行して専門家をご紹介するなど安心してご相談できるようにしています

相続とひとことで言っても、その内容は驚くほどそれぞれ異なります

相続財産の内容や相続人の構成、話し合いがまとまっているかどうかなどが異なるため、それぞれのお宅ごとに頼むべき専門家が異なるのも当然です

間違った専門家に頼んでしまうと、お金と時間を無駄につかってしまうことがありますので、主な困りごとから専門家を探し出して、信頼のできるかどうか見極めて依頼をしましょう

***編集後記***

家の近所をおめかししたお嬢さんとお母様がお菓子のかごを持って歩いていました

ハロウィン、すごく普及したんだなーと実感しました うちの10代の娘たちの頃とは違う…