つめかえパックで未来をつくる

シェアする

Pocket

鎌倉RecyCreation をご存知ですか

洗剤等の詰め替えパックを回収し

玩具のブロックに再生

等身大の江ノ電の模型をつくるというプロジェクトです

鎌倉RecyCreation とは?

鎌倉駅から徒歩数分の鎌倉市役所本庁舎の前に見慣れないボックスが設置されました

なにを回収しているのかとよく見ると…

家庭ででた洗剤などの使用済み詰め替えパックを回収しているようです

すぐそばに専用保管袋も置いてあるので入手してみました

A4サイズのチラシがはいった、透明の袋が、回収する詰め替えパックの専用保管袋です

*B5のCampusノートと比較してみました

花王(株)などの協賛により、洗剤等の詰め替えパックを回収し、再生樹脂ブロックに変え、様々なものに創造するというプロジェクトでした。

プロジェクト第一弾では、等身大の江ノ電と、安野モヨコさんのマンガキャラクター「オチビサン」をブロックでつくる計画とのこと。

回収は2017年秋にスタートし、2018年春までを予定。完成予定のモニュメントイメージはこの通りです。

プロジェクトの参加方法

使用済み詰め替えパックを回収して創造する、リサイクリエイションプロジェクトの参加方法は簡単です。

STEP1つめかえパックから製品容器に詰め替えたら、つめかえパックの中身をしっかりと取り出します

STEP2:使用済みつめかえパックを指定の専用袋に保管します(洗浄不要)

STEP3:8~10枚集まったら保管袋を回収拠点まで持っていく

STEP4:回収したつめかえパックで新たな資源を使わずに様々なものが創造されます

プロジェクトは2018年春(予定)までの実証実験です。

今日、市役所に行くまで気付かなかったので、プロジェクトの認知を広める必要を感じます。

専用保管袋の入手と回収は鎌倉市役所前にて

主に、ゴミをなるべく少なくしたいという気持ちから、シャンプーやリンス、洗濯洗剤、住居用洗剤などは、出来る限り詰め替えパックを購入しています。

回収専用袋には、8~10枚のつめかえパックが入ることから、複数集めて提出することが推奨されています。

現在(2017年10月)、回収専用袋は鎌倉市役所前の回収BOX横より自由に持ち帰ることができます

8~10枚溜まった保管袋を持っていく「回収拠点」も、鎌倉市役所前に設置した回収BOXです。

今まで捨てるだけだった、詰め替えパックですが、回収されてブロックに再生されて、今までにないものが創られるなんて、夢があること。

複数集めて回収BOXに投函してみます!

鎌倉リサイクリエーションプロジェクト

***編集後記***

冷たい雨の中でかけた市役所でしたが、訪れた課は、昼休み時間(12時から13時)の窓口を閉めていました。仕方ないですかねー?!