切手を使うならシール式がおすすめ

シェアする

Pocket

切手をつかうなら

シール式がおすすめです

62円切手のシール式も登場しています

郵送の機会はまだある

メールにPDF添付で要件が足りてしまうことが多いとはいえ、郵便を利用する機会もまだまだあります。

各種サイズの封筒から手軽にお礼の手紙がかけるハガキや一筆箋まで、いろいろと取り揃えていますが、欠かせないのは切手

切手が手元にあるとないのでは、郵送のハードルの高さが異なります。

最近は、お洒落な切手、可愛い切手が多いので、見つけると、買い置きしています。

シール式が便利!

切手はシール式がなんといっても便利です。

点線で切り離す手間も、切手を濡らすスポンジ(海綿)も必要ありません。

とはいえ、シール式切手は、82円切手と、かつての52円切手がほとんど。

A4サイズの封筒で、書類を送ることも多いので、120円、140円、205円の郵便料金に対応するシール式切手もあればいいのに…と思います。

平成29年6月1日から、ハガキの郵便料金が62円となりました。

昨年末に発表された ハガキの値上げ 2017年6月1日から62円となるのに伴い 新しいハガキや切手が発売されています ...

52円+10円切手でハガキを投函したり、10円切手を貼り足したハガキが届くこともあり、10円切手でシール式のものがあると便利です。

10円切手の場合、コスト的にもニーズ的にも、シール式は難しいのかもしれません…

シール式62円切手も発売されてます

郵便はがき料金が平成29年6月1日から62円に値上がり。

昨年末に発表されたこの値上げ…シール式の52円切手のストックがまだまだ沢山ありました。

ポストカードを投函するときは、52円シール式切手に、10円切手を足していましたが、最近ではシール式の62円切手も登場しています。

たとえば、7月発売のこちら

「ありがとうございます」と書かれた切手を、お礼状に貼りました。

さりげなく気持ちが伝えられていいですね。

ふみの日のぽすくまシリーズも、リラックマシリーズも、82円切手としても売られていました。

82円切手は、最近はこちら一択です。

鎌倉発という感じがしていいかな、と。

先日届いた、税理士会支部からの手紙にもこちらの切手が貼ってありました。

たくさんの会員に手紙をだすのでシール式が便利なんだと思いますが、たまたま、こんな可愛い切手に当たると嬉しいものです。

新しく発売される切手の情報は、こちらでわかります。

新着切手情報 一覧|日本郵便

今日から8月。

早いもので、8月下旬には「秋のグリーティング」切手が発売です。