湘南モノレールで交通系ICカードが使えるように

シェアする

Pocket

大船から江の島を結ぶ

湘南モノレール

交通系ICカードの導入が決まりました

ぶら下がって走る鉄道「湘南モノレール」

世界でも珍しいといわれる、ぶら下がって走る鉄道「湘南モノレール」は、1970年に鎌倉市の大船~西鎌倉間で開業し、翌年1971年に藤沢市の江の島・片瀬地区まで延伸、以来、大船と江の島を14分で結び、観光客だけでなく地域住民にも愛される乗り物です

緑あふれる、大船⇔江の島間はアップダウンも激しく、まるでジェットコースターのような乗り心地ともいわれます

最近は、お洒落でカラフルにラッピングされた車両が多く、見る目も楽しませてくれています

乗れば便利で楽しい「湘南モノレール」ですが、不便だったのが、Suica やPASMOを始めとする交通系ICカードが使えないところでした

急いでいても、昔ながらに券売機で切符を買い、改札に切符を入れて受け取って…

今やもう珍しい、この一連の作業をしなければなりません

でも、2018年4月1日より湘南モノレールでも交通系ICカード「PASMO」のサービスがいよいよ始まることが本日発表されました

「PASMO」サービスの開始により、「Suica」など他の交通系ICカードも湘南モノレール全駅で使用できるようになるということです

【ニュースリリース】交通系ICカード「PASMO」導入について

スリリングな乗り心地

湘南モノレールの魅力は、そのジェットコースターのような乗り心地とスピード感でしょうか

大船駅から湘南江の島駅までの8つの駅を結ぶ「懸垂式」のモノレールが、アップダウンの激しい区間を14分間で結びます

「懸垂式」とは、レールに車両がぶら下がって走るタイプのモノレールをいい、日本に3つだけしかないそうです(ほか2つは、千葉都市モノレール、上野動物園モノレール)

初めて乗る方は、そのスピードだけでなくアップダウンの激しさにも驚くのでは

これが「ジェットコースターみたい」といわれる所以です

遅延もほとんどないので、通勤通学の手段としても有り難いですね

平日なら朝7時台から夜20時台までは7~8分間隔で動いています

12分間隔の江ノ電と比べると、その差は歴然、駅での待ち時間はほとんど気になりません

観光客の方もすくないので、平日昼間なら空いていますし、湘南の入り口大船から江の島観光をするなら本当におすすめです

様々な企画が楽しい

最近の湘南モノレールはラッピング車両だけでなく、様々な企画やタイアップがあり、目が離せません

「懸垂式で落ちない」ということで、11月末から3月初めまで受験生応援キャンペーンを開催

大船駅降車ホームには、合格祈願神社を開設

ほかには、「片瀬山」駅には、副駅名称を「勝たせ山」と付けた特別仕様の駅名看板を設置しています

こんなコラボも

小さなお子さんには、こちらがおススメです

福音館書店の「かがくのとも絵本」シリーズから『モノレールのたび』が昨年発売されました

モノレールや風景がものすごく丁寧に描かれています

***編集後記***

パソコンで、湘南モノレールのホームページを開いていると、ときどきモノレールが左から右に、右から左に通っていくので大変キュートです

ホームページには、通常の運賃・時刻や駅情報、周辺の観光情報のほか、ラッピング車両や絵本の紹介もありますよ