専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

相続のこと

スポンサーリンク
準確定申告

還付申告となる準確定申告について

亡くなった方が還付となる確定申告書を提出できる場合 所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得について計算し、 その所得金額に対する税額を求めて 翌年の2月16日から3月15日までの間に申告と納税をします 年の途中で亡くなった...
相続手続き

相続手続きで活用したい「おくやみコーナー」と「広域交付」

「おくやみコーナー」を設置する自治体が増えています 死亡・相続に関係する公的な手続きを効率的に行うための公的なサポートで、 2024年3月にスタートした戸籍証明書等の広域交付とともに 相続手続きで活用したいサービスです おくやみコーナーとは...
相続税

国際相続と「配偶者の税額軽減」

相続税の計算における「配偶者の税額軽減」制度は 外国籍の配偶者にも適用可能です 配偶者の税額軽減とは 日本の相続税の計算における「配偶者の税額軽減」とは、 亡くなった方の配偶者が相続した財産の課税価格が 法定相続分 1億6,000万円 のい...
確定申告

建物更生共済にまつわる税金

JA共済の建物更生共済に加入している場合 掛捨てではなく積立部分があるため 税申告で考慮しなくてはならないことがあります 建物更生共済とは 建物更生共済(略して建更・たてこう)は、 JA共済が取り扱う、建物や家財を保障する共済です 火災や台...
準確定申告

前年中に亡くなった方の配当割・株式等譲渡所得割の取扱い

上場株式等の配当の支払を受ける際に天引きされる「配当割」などは 確定申告をすることで住民税でも還付されることもありますが、 亡くなった方の所得税確定申告(準確定申告)をした場合には 翌年1月1日時点で亡くなっているときは住民税の納税義務がな...
相続手続き

相続登記の申請に法定相続情報番号が利用できます

2024年4月1日より相続登記等の不動産登記の申請において 法定相続情報番号を記載することで 「法定相続情報一覧図の写し」の添付を省略できるようになりました 相続登記の申請義務化がスタート 2024年4月1日より 相続により不動産の所有権を...
相続手続き

加入期間中に亡くなった場合の iDeCo(イデコ)の相続手続き

個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)の加入者が 加入期間中に亡くなったときは 遺族の方が「死亡一時金」を受け取ることができます iDeCo(イデコ)とは iDeCoは、自分が拠出した掛金を、自分で運用し、資産を形成する、 老後の資産形成...
相続手続き

不動産の所有者が亡くなった場合の手続き

不動産の所有者が亡くなった場合には 登記簿上の所有者の変更のほか 不動産が所在する市区町村に届出などが必要になることがあります 登記簿上の所有者の変更 不動産(土地や建物)の所有者が亡くなった場合、 不動産登記簿の名義変更が必要です 登記簿...
相続手続き

本籍地以外でも戸籍証明書が取得できるように

2024年3月1日から 本籍地以外の市区町村窓口でも 戸籍・除籍謄本を請求できます 戸籍謄本等の広域交付が可能に これまで、戸籍証明書は本籍地だけでしか発行できませんでした 遠くの市区町村役場へ足を運んだり、 郵送での取得を試みた経験がある...
相続手続き

窓口混雑緩和と証明書コンビニ交付サービス

マイナンバーカードの保有率が上がり コンビニで住民票や戸籍などを取得する方が増えました 期間を区切ってコンビニ取得の場合の料金を引き下げ、 役所窓口の混雑緩和につなげる動きもあります マイナンバーカードを使った証明書取得 マイナポイント等の...
相続手続き

ゆうちょ銀行の貯金の有無の調査

全国どこにでもある「ゆうちょ銀行」は 口座をもっている方が多い銀行です 亡くなった親などが口座をもっているかわからない場合は 口座の有無の調査ができます 貯金の有無を調べる「現存調査」 全国どこにでもある「ゆうちょ銀行」は 利便性等から口座...
相続税

令和4年分の相続税の申告状況|東京エリアの場合

東京国税局管内(東京都・神奈川県・千葉県・山梨県)では 亡くなった方の数に対する相続税の課税割合は15.0%と 約7人にひとりの割合となっています(令和4年分) 最新の相続税の課税割合|東京エリアの場合 東京国税局管内(東京都・神奈川県・千...
相続手続き

鎌倉市役所に「おくやみコーナー」が開設されます

家族が亡くなった後、その遺族の方が役所で行う手続きを ワンストップで行える「おくやみコーナー」を設ける自治体が増えています 2023年12月4日から鎌倉市役所にも開設されます 多死社会に求められる行政サービス 超高齢化社会である日本は、 年...
相続のこと

インボイス発行事業者が亡くなった場合の手続き

2023年10月1日より導入されるインボイス制度では インボイス発行事業者の登録をうけていた親が亡くなった場合、 相続人が行わなくてはいけない手続きがあります インボイス制度とは インボイス制度とは、「インボイス(適格請求書)」を用いて 消...
法定相続情報証明制度

法定相続情報証明制度を利用したほうがケースとは

法定相続情報証明制度がスタートして6年余り 「法定相続情報一覧図の写し」を見かけることも多くなりましたが この制度を利用したほうがいいのはどのような場合でしょうか 法定相続情報証明制度とは 「法定相続情報証明制度」とは、 亡くなった方や相続...
財産評価

土地の評価額に関係|土砂災害特別警戒区域の確認方法

土砂災害特別警戒区域内にある宅地は 建造物の構造規制等があることなどから 相続税や固定資産税における評価額の減額の対象となっています 土砂災害特別警戒区域等の指定状況を確認してみましょう 土砂災害特別警戒区域に指定されている土地の評価 土砂...
財産評価

令和5年分の路線価の公開日

令和5年分の路線価や評価倍率は、 令和5(2023)年7月3日月曜日に 国税庁ホームページで公開されます 路線価とは 路線価とは、その年の1月1日を評価時点として、 地価変動などを考慮し、国税庁が毎年公表する 主要な道路に面した1㎡あたりの...
相続のこと

空き家の譲渡所得の特例の延長と見直し

相続した空き家を早期に譲渡することを後押しするため 一定の要件に当てはまる空き家を売却した際の譲渡所得の金額から 最高3,000万円まで控除できる特例が、4年延長されるとともに 特別控除額の上限の減額や一部の適用要件が緩和が予定されています...
スポンサーリンク