銀行の口座番号が7桁より少ないときの記入方法

シェアする

Pocket

銀行の口座番号の桁数を意識したことがありますか

独自の記号番号を採用する「ゆうちょ銀行」以外は

「7桁」が基本ですが

口座番号が6桁以下である場合には

入力や記入などで注意が必要です

スポンサーリンク

銀行の口座番号は何桁?

ゆうちょ銀行を除き、都市銀行や地方銀行、信用金庫などで新たに口座を作成した場合、現在、その口座番号は「7桁」となります

ところが、銀行口座を持つ人がすくなかった頃に口座をひらいていた場合などには、5桁や6桁の口座番号が付され、そのまま現在も使用していることがあります

通帳やキャッシュカードを利用している分には、口座番号の「桁数」のことなどを考えることもないでしょうが、その口座番号を振替口座として登録する場合や、振込先の口座として伝える場合などにはすこし注意が必要です

口座番号が6桁以下である場合

たとえば、パソコンやスマートフォンなどで口座番号を登録や入力する場合、口座番号は半角数字で「7桁」の入力を求められる場合がおおいようです

こんなとき、登録したい口座番号が6桁以下であるならば、はじめに「0」をつけてみましょう

たとえば、口座番号が6桁「123456」であれば「0123456」と、口座番号が5桁「12345」であれば「0012345」という様に入力します

「振替口座」として銀行の口座番号を書類に記入する場合も、気を遣う必要があります

まず、記入しようとする書類に「記入例」があれば、その指示に従います

たとえば、ゆうちょ銀行以外の金融機関の口座番号を記入する場合には、「右ヅメ」と指示されていることが多いのではないでしょうか

口座番号はふつう横書き(左から)なので、1マス目から数字をいれてしまいがちですので気をつけましょう

パソコンなどで口座番号を登録する場合と同じように、書類の記入でも、「口座番号が7桁未満である場合は、お手数ですが頭部を0で埋めてください」という指示をみつけることもあります(国税庁のダイレクト納付の届出書の記入例がこのような指示です)

この場合は、指示に従って口座番号欄を埋めるようにしましょう

独特な「ゆうちょ銀行」

ゆうちょ銀行の口座番号は独特です

振替口座などとして書類に記入する場合であれば、ゆうちょ銀行は、ゆうちょ銀行用に「記号」「番号」を記入できるようになっているので、通帳に記載されている「記号(5桁)」「番号(8桁以下)」をそのまま記入するだけです

この「記号・番号」は、他行からの振込には対応していませんので、他行からの振込をうける場合には、ゆうちょ銀行が示す「記号・番号から振込用の店名・預金種目・口座番号への変換の公式」に則る必要があります

記号・番号から振込用の店名・預金種目・口座番号への変換の公式

この公式は、ここで簡潔に説明できるようなものではありませんが、総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金の「番号」であれば、最後が必ず「1」なので、この「1」を外すことにより、他行からの振込用の口座番号へと変換されます

たとえば、ゆうちょ銀行の「番号」の桁数が8桁であった場合には、末尾の1を外すと7桁になりますので、このまま「口座番号」として使用します

ゆうちょ銀行の「番号」の桁数が7桁以下であった場合は、末尾の1を外すと6桁以下になりますので、7桁の記入や入力が必要な場合は、前記したように、はじめに「0」を加えるという調整が必要になります

***編集後記***

昨日と一転、今日は暖かく、色々と動けて良かったです

鎌倉駅周辺も昨日とはうって変わって、人も多めでした


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら