専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします
スポンサーリンク
確定申告

国税庁「確定申告書等作成コーナー」を利用できないケース

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用して 所得税などの確定申告書の作成・送信が可能ですが、 申告内容や受けようとする特例によっては 「確定申告書等作成コーナー」を利用できないケースもあります 国...
確定申告

医療費通知を確定申告で利用するには

確定申告で医療費控除をうけようとする場合 医療費のお知らせ(医療費通知)を利用するのが便利です ただし、1年分の診療分の情報を利用できるようになる時期は 加入する健康保険によって異なります 医療費通知(医療費のお...
確定申告

令和4年分「所得税確定申告書」上の変更点

令和4年分の所得税確定申告書は これまでの所得税確定申告書と異なる箇所がいくつかあります 申告書にA・Bの区分がなくなり一本化 いちばん大きな変化は、これまで 確定申告書A 確定申告書B と、2種類あ...
確定申告

ネット銀行と振替納税/還付金受取口座

ネット銀行を利用する方が増えていますが 所得税の振替納税や還付金の受け取りには それぞれの銀行が対応しているかどうかに注意が必要です ネット銀行を利用する方が増えています 利便性や口座開設の手軽さなどから、ネット銀行...
確定申告

上場株式等の配当所得等についての所得税/住民税の課税方法の選択

上場株式等の配当所得等について 令和5年分(住民税の課税年度としては令和6年度)以降は 税制改正により、所得税と住民税で異なる課税方式の選択ができなくなります 平成29年度税制改正により「所得税と異なる課税方式」が可能...
相続のこと

相続土地国庫帰属制度が2023年4月27日にスタートします

所有者の不明な土地が今後ますます発生することを予防するため 土地の所有権を国庫に帰属させることができる「相続土地国庫帰属制度」が 2023年4月27日にスタートします 相続土地国庫帰属制度とは 親などから土地を相続し...
マイナンバー

マイナポイントの対象となるマイナンバーカード申請期限が再延長

マイナポイント第2弾の対象となるための マイナンバーカードの申請期限が すでに延長されていた2022年12月末から 2023年2月末まで、と再延長されています マイナポイントの対象となるカード申請期限の延長 ...
確定申告

令和4年分の公的年金等の源泉徴収票の発送

2023年1月7日から順次 はがきの「令和4年分公的年金等の源泉徴収票」が発送されます 確定申告書への添付は不要になりましたが 源泉徴収票に記載されている内容は確定申告に必要です 公的年金等の源泉徴収票の発送がは...
OTHERS

国立競技場で東京2020大会のレガシーを体験

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の メインスタジアムとして使用された国立競技場で 不定期に開催されている「国立競技場スタジアムツアー」では アスリート体験やスタジアム体感が楽しめます 国立競技場ス...
マイナンバー

マイナンバーカードの普及状況がわかるダッシュボードが公開

マイナンバーカードの交付枚数のほか、 公金受取口座の登録数や健康保険証の利用登録数などが ひと目でわかるダッシュボードが公開されました マイナンバーカードの交付状況 2016年1月より交付がスタートした、マイナンバー...
相続税

令和3年分の相続税の申告状況|東京エリアの場合

東京国税局管内(東京都・神奈川県・千葉県・山梨県)では 亡くなった方の数に対する相続税の課税割合は14.7%と 約7人にひとりの割合となっています(令和3年分) 相続税の課税割合|東京エリアの場合 東京国税局管内(東...
所得税

給与収入と給与所得の違い、給与所得の求め方

給与所得の源泉徴収票の「支払金額」は いわゆる「給与収入」に該当し、 そこから給与所得控除額を引いた金額が「給与所得」に該当します 給与収入と給与所得の違い 「給与収入」とは、 源泉徴収票でいうところの「支払金...
贈与税

教育資金一括贈与の非課税措置の延長と、最近の動き

平成25年度税制改正において創設された いわゆる「教育資金一括贈与の非課税制度」は 2023年3月までの期限が、3年延長される見込みです 贈与者が亡くなった場合の取り扱いや 金融機関の手数料有料化など、創設時とは異な...
確定申告

控除証明書や掛金払込証明書の再発行申請もネットで

年末調整や確定申告のための 「保険料控除証明書」や「掛金払込証明書」を紛失してしまった場合 その再発行手続きがネットで完了するケースが増えています ネット上で再発行が可能 年末調整や確定申告に必要となる 「保険...
ふるさと納税や寄附

ふるさと納税による返礼品にかかる税金

ふるさと納税の返礼品は 所得税の課税対象(一時所得)となります 返礼品以外に一時所得の対象となる金品があるときなどは 確定申告が必要となる場合があります ふるさと納税の返礼品は「一時所得」 ふるさと納税をすると...
税金のこと

国税スマホアプリ納付がスタートしました

2022年12月1日より 6つのPay払い(〇〇Pay)を利用して 国税を納めることができるようになりました スマホアプリ納付がスタート 自動車税や固定資産税といった地方税ではひろく普及した、 「Pay Pay...
確定申告

医療費通知(医療費のお知らせ)の発送時期

確定申告で医療費控除をうける場合 「医療費通知」や「医療費のお知らせ」を利用することで 「医療費控除の明細書」の記入等を省略できます 郵送で届く時期は、加入している健保によって異なります 医療費通知(医療費のお知...
確定申告

「申告書 B」に一本化、「振替継続希望」の新設|令和4年分の所得税申告書から

令和4(2022)年分の所得税申告から 「申告書 A」は廃止され 「申告書 B」に一本化されます 転居があった場合の「振替継続希望」欄が新設されています 所得税申告の「申告書 A」と「申告書 B」の違い 令和3...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました