専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします
スポンサーリンク
OTHERS

2024年10月1日からの郵便料金の値上げ

2024年10月1日より郵便料金が値上がりします 定型の郵便封書が110円、ハガキが85円に レターパックや速達料金も値上がりします 郵便料金の値上げ 郵便料金が2024年10月より値上がりします 消費税率が上がった際の料金改定を除くと、 ...
確定申告

医療費控除額の計算で差し引くもの

所得税や個人住民税の医療費控除額の計算では 保険金や高額療養費などの受け取りがあれば 支払った医療費の額から差し引きます 医療費控除額の計算方法 所得税や個人住民税で医療費控除をうける場合、 医療費控除に関する事項を記載した申告書を提出する...
住民税

個人住民税の定額減税額の確認方法

令和6年度分の個人住民税での定額減税額は 個人住民税の各種納税通知書の「摘要欄」などで確認できます 個人住民税の定額減税とは デフレ脱却に向けた一時的な措置として 令和6年度税制改正に基づき、 令和6年分の所得税 令和6年度分の個人住民税 ...
マイナンバー

マイナンバーカードが海外でも利用できるように

海外へ転出すると利用できなくなっていた 「マイナンバーカード」が 2024(令和6)年5月27日より国外でも利用できるようになりました 海外転出とマイナンバーカード これまでは海外へ転出する場合には、転出の届出の際に マイナンバーカードの返...
相続税

相続税申告書の第11表の様式がかわります

2024(令和6)年1月以降相続開始分の相続税申告書から 第11表の様式が改訂されます 「相続税の申告書」の中身 相続税の申告では、第1表から第15表まである申告書の様式のうち、 それぞれの申告に関係のある様式に記入作成をし、税務署へ提出し...
贈与税

住宅資金贈与の非課税措置は3年延長

マイホームを取得するための資金を 親や祖父母から贈与された際にかかる贈与税について非課税とする制度は、 2026年12月31日まで延長されました(3年間延長) 住宅資金贈与の非課税措置とは 住宅資金贈与の非課税措置とは、 子や孫など(受贈者...
準確定申告

還付申告となる準確定申告について

亡くなった方が還付となる確定申告書を提出できる場合 所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得について計算し、 その所得金額に対する税額を求めて 翌年の2月16日から3月15日までの間に申告と納税をします 年の途中で亡くなった...
所得税

年金所得者の定額減税

令和6年分の所得税、令和6年度分の個人住民税では 公的年金等から所得税、個人住民税がそれぞれ源泉徴収/特別徴収される場合、 所得税は3万円、個人住民税は1万円の定額減税が実施されます 年金所得者の定額減税について 令和6年分の所得税、令和6...
相続手続き

相続手続きで活用したい「おくやみコーナー」と「広域交付」

「おくやみコーナー」を設置する自治体が増えています 死亡・相続に関係する公的な手続きを効率的に行うための公的なサポートで、 2024年3月にスタートした戸籍証明書等の広域交付とともに 相続手続きで活用したいサービスです おくやみコーナーとは...
相続税

国際相続と「配偶者の税額軽減」

相続税の計算における「配偶者の税額軽減」制度は 外国籍の配偶者にも適用可能です 配偶者の税額軽減とは 日本の相続税の計算における「配偶者の税額軽減」とは、 亡くなった方の配偶者が相続した財産の課税価格が 法定相続分 1億6,000万円 のい...
税金のこと

固定資産税の通知書が届く時期と納める時期

土地や建物を所有している方にかかる「固定資産税」の 納税通知書が届く時期やその納期限は、 土地や建物が所在する市区町村などによって異なります 固定資産税とは 固定資産税とは、毎年1月1日の時点で 土地や家屋、償却資産といった「固定資産」を所...
確定申告

建物更生共済にまつわる税金

JA共済の建物更生共済に加入している場合 掛捨てではなく積立部分があるため 税申告で考慮しなくてはならないことがあります 建物更生共済とは 建物更生共済(略して建更・たてこう)は、 JA共済が取り扱う、建物や家財を保障する共済です 火災や台...
所得税

非居住者の確定申告と所得控除

海外へ移住したり、海外勤務となった場合でも 日本国内に国内源泉所得があると、 原則として確定申告が必要です 日本国外に住んでいる方の確定申告 海外へ移住したり、1年以上の予定で海外へ転勤した場合、 所得税法上の「非居住者」となります 非居住...
所得税

甲欄→乙欄の変更があった従業員の源泉徴収票の作成について

掛け持ちで仕事をしている場合などで 年内に所得税の源泉徴収税額表の「甲欄」から「乙欄」へと変更があったときは 事業主は、変更した従業員の甲欄分の源泉徴収票を作成、 従業員は新たに「甲欄」となった会社にその源泉徴収票を渡します 甲欄・乙欄とは...
OTHERS

iDeCoの拠出限度額の変更とそれに伴う手続き

2024年12月より 確定給付型の他制度を併用する場合 iDeCoの掛金の拠出限度額が見直され、 確定給付型の他制度とiDeCoの掛金を合算して管理することになります 2024年12月からのiDeCo掛金の変更点 2024年12月施行のiD...
社会保険のこと

国民年金基金の税制上のメリット

個人事業主などが加入できる国民年金基金は 60歳以上65歳未満の方や海外居住者で 国民年金に任意加入している方も加入できます 国民年金基金とは 国民年金基金は、主に自営業者など国民年金の第1号被保険者などが 国民年金(老齢基礎年金)に上乗せ...
準確定申告

前年中に亡くなった方の配当割・株式等譲渡所得割の取扱い

上場株式等の配当の支払を受ける際に天引きされる「配当割」などは 確定申告をすることで住民税でも還付されることもありますが、 亡くなった方の所得税確定申告(準確定申告)をした場合には 翌年1月1日時点で亡くなっているときは住民税の納税義務がな...
相続手続き

相続登記の申請に法定相続情報番号が利用できます

2024年4月1日より相続登記等の不動産登記の申請において 法定相続情報番号を記載することで 「法定相続情報一覧図の写し」の添付を省略できるようになりました 相続登記の申請義務化がスタート 2024年4月1日より 相続により不動産の所有権を...
スポンサーリンク