専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします
スポンサーリンク
相続手続き

窓口混雑緩和と証明書コンビニ交付サービス

マイナンバーカードの保有率が上がり コンビニで住民票や戸籍などを取得する方が増えました 期間を区切ってコンビニ取得の場合の料金を引き下げ、 役所窓口の混雑緩和につなげる動きもあります マイナンバーカードを使った証明書取得 マイナポイント等の...
確定申告

e-Tax のパスワードを忘れたとき

マイナンバーカード方式ではなく 税務署で発行された「IDとパスワード」によりe-Tax を利用する場合、 ID(利用者識別番号)やパスワードを忘れたときは 「変更等届出書」を提出する必要があります e-Tax利用の2つの方式 e-Tax は...
相続手続き

ゆうちょ銀行の貯金の有無の調査

全国どこにでもある「ゆうちょ銀行」は 口座をもっている方が多い銀行です 亡くなった親などが口座をもっているかわからない場合は 口座の有無の調査ができます 貯金の有無を調べる「現存調査」 全国どこにでもある「ゆうちょ銀行」は 利便性等から口座...
確定申告

iDeCoの掛金と所得控除の計算での注意点

所得控除のなかでも「社会保険料控除」とは異なり あまり耳にしない「小規模企業共済等掛金控除」 iDeCoの掛金などが該当します 小規模企業共済等掛金控除とは 納税者が下記の掛金を支払った場合には 小規模企業共済法の規定にされた共済契約に基づ...
確定申告

申告手続き等の電子化

確定申告をされる方へのお知らせは かつては申告書用紙やハガキが税務署から郵送されましたが、 e-Tax利用の場合は、e-Taxのメッセージボックスに格納されます お知らせ等も電子化 確定申告を毎年されている方に対しては、 かつては、申告書用...
確定申告

令和5年分の公的年金等の源泉徴収票の発送

2024年1月9日から順次 はがきの「令和5年分公的年金等の源泉徴収票」が発送されます マイナポータルと「ねんきんネット」を連携手続きしている方には 源泉徴収票の電子データの送付がはじまっています 公的年金等の源泉徴収票の発送がはじまります...
MYSELF

2023年を振り返ります

2023年も新しい出会いや出来事 はじめての体験がたくさんありました 仕事関連での新たな取り組みを簡単にご紹介します 日経新聞の取材協力&コメント 日本経済新聞2023年8月19日朝刊 マネーのまなび「ネクストステージ」面にて 親を扶養して...
確定申告

年末に気を付けたい株の売買やふるさと納税の申込み

1年の終わりが近づき、 株や投資信託での本年分の取引となる最終売買日や ふるさと納税の申し込みなどを意識したい時期です 本年分の取引となる売買はいつまで? 国内上場株式の2023年の取引は、 12月29日(金)を最終取引日とし、 2023年...
税金のこと

国税の支払いに楽天ペイが利用可能に

地方税や国民年金保険料に続き、 所得税、消費税といった国税の支払いに 楽天ペイが利用可能となりました 国税の納め方は色々選べます 所得税や法人税といった国税を納める方法は、 ここ数年、金融機関や税務署の窓口等にいく必要がない キャッシュレス...
所得税

株や配当所得について所得税と住民税の課税方式が統一されます

令和5(2023)年分の税申告(令和6(2024)年度住民税課税)から 上場株式等の配当所得および譲渡所得等について 所得税と住民税の課税方式を統一させることとなり、 所得税と住民税で異なる課税方式を選択できなくなります 異なる課税方式が選...
相続税

令和4年分の相続税の申告状況|東京エリアの場合

東京国税局管内(東京都・神奈川県・千葉県・山梨県)では 亡くなった方の数に対する相続税の課税割合は15.0%と 約7人にひとりの割合となっています(令和4年分) 最新の相続税の課税割合|東京エリアの場合 東京国税局管内(東京都・神奈川県・千...
確定申告

PCR検査/インフルエンザ検査の費用と医療費控除

新型コロナウイルス感染症のPCR検査や インフルエンザの検査をうけた場合の検査費用は 医療費控除の対象となる場合と 対象とならない場合があります 医療費控除の対象となる医療費とは 所得税や住民税の医療費控除の対象となる医療費は、 範囲はかな...
住民税

日本で働く外国人の方の個人住民税

個人住民税は、1月1日時点で日本に住所があり、 一定額以上の給料などをもらっている人であれば 外国人の方でもお住いの市区町村に納める必要がある税金です クリスマス仕様のポスト 住民税とは 住民税は、1月1日時点で日本に住所があり、 前の年に...
確定申告

国民年金保険料について社会保険料控除の適用をうける場合の注意点

国民年金保険料について社会保険料控除の適用を受ける場合には 納めたことを証明する書類(控除証明書や領収証書)の添付等が 義務付けられています 「国民年金保険料控除証明書」の添付等の義務 平成17年分の確定申告や年末調整から 国民年金保険料に...
確定申告

建物や設備等の法定耐用年数の調べ方

建物や建物付属設備といった固定資産は その構造や用途によって それぞれ法定耐用年数、償却率が定められています 法定耐用年数の調べ方 建物や建物付属設備、車や設備等の固定資産は、 それぞれ法定耐用年数、償却率が定められています 確定申告での減...
相続手続き

鎌倉市役所に「おくやみコーナー」が開設されます

家族が亡くなった後、その遺族の方が役所で行う手続きを ワンストップで行える「おくやみコーナー」を設ける自治体が増えています 2023年12月4日から鎌倉市役所にも開設されます 多死社会に求められる行政サービス 超高齢化社会である日本は、 年...
NISA

18歳を迎えたあとのジュニアNISA口座

成年年齢である18歳を迎えると ジュニアNISA口座が終了し、 同じ金融機関内に成人NISA口座が開設されます 成人を迎えたあとのジュニアNISAの終わり方 成年年齢引き下げにより、18歳を迎えると ジュニアNISA口座から成人NISA口座...
住民税

住民税が非課税となる場合とは

個人の住民税が非課税になるかどうかは 所得額や扶養親族の有無だけでなく、 本人が未成年者、障害者、ひとり親、寡婦であるなどの条件によって決まります 個人住民税の計算方法 1月1日現在住んでいる市区町村から課税される「個人住民税」は、 均等割...
スポンサーリンク