長く使い続けるためのお手入れを-サスティナブルタウンにて

シェアする

Pocket

長く使い続けるためには

お手入れが必要です

毎日使っているiPhone のバッテリー交換を行いました

スポンサーリンク

バッテリーの状況を調べる

毎日使っている iPhone 7 と、子どもが新たに使用することになった iPhone SE のバッテリー交換を行いました

新しい製品はつぎつぎと発売されていますが、どちらの iPhone も気にいっていますし、機能的には十分なので、長く使いたいと思っています

ただ、使い込むうちにバッテリーの最大容量は減りますし、その経年劣化は避けられませんので、利用を続けるためにもそのバッテリーを交換することに

iPhone のバッテリーの劣化具合は、iPhoneで調べることができます(iPhone の設定バッテリーバッテリーの状態

バッテリーの状態ページにあらわれる「最大容量」が、現在のバッテリーが新品時と比べてどれくらいの容量であるかが数値化されたものです

この数値が80%を下回るとバッテリーが劣化しているという目安です

なお、持ち込みでバッテリー交換すると、持ち込んだお店で充放電回数を教えてもらうことができました

参考までに

  • 2016年12月購入の iPhone 7 は、最大容量80%、充放電回数は734回
  • 2016年5月購入の iPhone SE は、最大容量85%、充放電回数1,024回でした

iPhone SE の充放電回数に比べて最大容量の減りが少ないように思いますが、詳細不明です…

持ち込み交換であれば予約を

iPhone のバッテリーの交換をAppleで行うことにすると、その交換方法には、「持ち込み修理」と「配送修理」があります

現在つかっていない iPhone であれば「配送修理」でもよいのですが、毎日使っている iPhone であれば「持ち込み修理」を選択するのが現実的でしょう

お近くに Apple Store がなくても、全国各地にある Apple 正規サービスプロバイダであれば、足を運べそうなストアがみつかるかもしれません

私の場合は、湘南T-SITE のカメラのキタムラが最寄りの Apple 正規サービスプロバイダでしたので、こちらでバッテリー交換の予約をしました

湘南T-SITEにて

湘南T-SITE は、Fujisawa SST に誕生した、蔦屋書店を中核とした生活提案型商業施設です

Fujisawa SST は、神奈川県藤沢市にうまれた「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」とよばれる先進的な取組を進めるスマートタウンのことをいいます

ここには、かつてパナソニック株式会社の藤沢工場がありました

その土地利用の転換を図るに当たり、サスティナブルの名の通り100年後も快適でエコな生活を持続できることをテーマとして、環境に配慮した街づくりが進んでいます

このように、電柱のない美しい街並みができあがっています

話題がそれましたが、湘南T-SITE は、1号館、2号館、3号館と、3棟で構成されます

iPhone の修理ができるApple 正規サービスプロバイダがはいっているのは、1号館の2Fです

蔦屋書店、スターバックスのほか、様々なお洒落なショップがはいっています

3号館は、ファミリー向けです

「かがくのとも」フェアを行っていました(懐かしい本がいっぱい)

緑や休むところも沢山あるので、癒されます湘南T-SITE には駐車場もあるので、お近くにお越しの際は、近未来のスマートシティを見学してみてください

***編集後記***

iPhone SE は、Appleが2019年秋にリリースする「iOS 13」の対応機種であることが発表されたので、大切に使いたいと思います


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク