博物館みたいなタリーズコーヒー

シェアする

Pocket

平成29年10月にオープンしたタリーズコーヒー鎌倉鶴岡八幡宮前店

和の要素が取り入れられたこちらのお店では

敷地内で発掘された鎌倉時代の出土品などが展示されています

鎌倉エリア初出店のタリーズコーヒー

鎌倉エリア初となる新店舗「タリーズコーヒー 鎌倉鶴岡八幡宮前店」がオープンしたのは、先月のこと

場所は、鶴岡八幡宮からすぐの段葛沿い

実は、こちらのお店は、源頼朝の義弟、北条時房(北条政子の異母弟)の屋敷跡に新設された建物の1階となります

北条時房の屋敷跡は、鎌倉時代の前期から幕府滅亡までの間、北条氏の屋敷があったとされる一角に位置し、敷地内には江戸時代から近代にかけて使用されていた井戸や鳥居、稲荷が再現されています

お店の入り口は狭いのですが、店内が細長く、座席は82席あります

店内には、お店の敷地で発掘された出土品が展示されるなど、他とは違うちょっと変わったタリーズコーヒーです

和の要素が取り入れられた店内

店内の狭い入口には、コーヒー豆やグッズなどがおかれ、その先に注文カウンターがあり、お店のサイドと奥がカウンターやテーブル席となっています

細長い通路状のお店なので、混雑していると店内の移動がしにくい構造です

それでも、一番奥のソファー席はゆったり

井戸を眺められる席もあり

もちろん電源のあるカウンターも

それから、半個室風のスペースがふたつあるので、グループで利用できたら便利そうです

和の要素が感じられる内装なうえ、敷地内に再現された井戸や鳥居、稲荷をのぞみながらコーヒーが飲めます

駅前のタリーズとはちょっと違ったひとときを過ごせる空間です

出土品の展示も

珍しいのは、ビル工事着工に先立つ発掘調査により、敷地内で発掘された鎌倉時代の出土品が展示されていること

店内がちょっと博物館みたいです

店舗限定メニューは「バニラソフトクリーム」

こちらは外でも大きく宣伝されていて、鶴岡八幡宮へ向かう観光客(お子様)向けですね

営業時間は9:00-20:00です

***編集後記***

こちらのタリーズ、行ってみたいと思っていたら、ちょうどお財布を忘れて外出してしまい…

このエリアは現金しか使えないお店がほとんどなので助かりました