金沢市でも宿泊税

シェアする

Pocket

東京都につぎ大阪府でも導入され

2018年10月からは京都市でもスタートする宿泊税

金沢市でも2019年4月から始まります

宿泊税ブーム?

宿泊税は、ホテルや旅館に宿泊する方に課税される税金で、東京都では2002年10月から導入され、その後、2017年1月から大阪府でも採用されています

東京都の場合、都内でのホテルや旅館の宿泊料金が1人1泊10,000円未満の場合、宿泊税はかかりませんが、1人1泊10,000円以上15,000円未満で1泊につき100円15,000円以上で1泊につき200円を、ホテルや旅館が宿泊者から預かり、都に申告して納めます

宿泊税の額は、自治体によって異なります

大阪府であれば、宿泊料金15,000円未満までは東京都と同じ金額ですが、15,000円以上20,000円未満で1泊につき宿泊税200円、宿泊料金20,000円以上では1泊につき宿泊税300円と4段階(3税率)

2018年10月からスタートする京都市は、さらにパワーアップ?されていて、

  • 宿泊料金が20,000円未満の場合→ 1泊につき宿泊税200円
  • 宿泊料金が20,000万円以上50,000円未満の場合→ 1泊につき宿泊税500円
  • 宿泊料金が50,000円以上の場合→ 1泊につき宿泊税1,000円

の税率で宿泊税を導入する予定です


■スポンサーリンク


東京都につぎ大阪府でも導入された宿泊税 京都市でもスタートすることが決まりました 2018年10月から課税されます 宿...

全国4例目は金沢市

総務省は2018年6月26日、金沢市が求めていた宿泊税の新設に同意しました

金沢市の宿泊税は、2019年4月1日施行予定で、導入は東京都、大阪府、京都市に続いて全国4例目です

気になる税額は、というと、市内の旅館、ホテル、簡易宿所、民泊施設に宿泊した場合、つぎの額をそれぞれ宿泊者からホテル・旅館等が徴収します

一人一泊について、
・宿泊料金が20,000円未満…宿泊税200 円
・宿泊料金が20,000円以上…宿泊税500 円

京都府のように、「最高1,000円」(!)ではありませんでしたが、

  • 最低でも200円はかかる!(東京都と大阪府は10,000円未満なら宿泊税がかからない)
  • 20,000円以上で500円!(東京都は最高でも200円、大阪府は最高でも300円)

が、これからのスタンダードになるのでしょうか…

金沢市の宿泊税は、金沢の歴史、伝統、文化など固有の魅力を高めるとともに、観光の振興を図る施策に要する費用に充てられることになっています

現時点で明らかになっている、宿泊税の額を表にまとめてみました

つぎを狙う自治体

京都市、金沢市のように、観光地を抱える自治体を中心に、導入を検討する動きが広がっている宿泊税

北海道や九州・沖縄などでも、導入機運が高まっています

金沢市の宿泊税で気になったのは、課税免除の例が現時点では見当たらないこと

出典:金沢市のホームページから(投稿日現在)

京都市では、修学旅行や学校行事の参加者・引率者にはかからないことになっています

金沢市もそうした免税措置はとらないのでしょうかねぇ

***編集後記***

高校の修学旅行で金沢市に泊まりました

尾山神社近くの旅館、まだあるかな…


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、かまくら相続|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク