専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

マイナンバーカードを使ったe-Tax利用の拡大

2次元バーコード読取機能の拡大や

所得税申告書の閲覧サービスの提供開始(2022年5月対応予定)により

マイナンバーカードを使った e-Tax利用がひろがりそうです

スポンサーリンク

ICカードリードライタがなくとも

パソコンを利用して国税庁確定申告書等作成コーナーにて作成した確定申告書を

マイナンバー方式」によりe-Tax で提出するためには、

マイナンバーカード」と「ICカードリーダライタ」が必要です(2021年10月現在)

 

ICカードリーダライタ」とは、マイナンバーカードの電子証明書を読み込むために必要となるもので、家電販売店などで販売しているものです

安いもので1台2,000円弱から4,000円程度の購入費用がかかることもあり、

カードリードライタを持っていないために、

税務署で発行された「ID・パスワード方式」の届出完了通知を利用してe-Taxを利用していたり、

印刷して紙で税務署へ申告書を提出していた方も多くいらっしゃるでしょう

この度、国税庁は、2022年より、ICカードリードライタに代わり

マイナンバーカード読み取り対応のスマートフォンを利用して

パソコンの国税庁確定申告書等作成コーナーで作成した確定申告書を

e-Tax (マイナンバー方式)で提出できるようになることを公表しました

 

2次元バーコード読取とその導入状況

これまでパソコンの確定申告書等作成コーナーなどで、

マイナンバーカードを読み取る際には「ICカードリーダライタ」が必要でした

しかし、2022年1月にはマイナンバーカード読取対応のスマートフォンを

ICカードリーダライタの代わりとして利用することができるようになる予定です

 

この「スマートフォンとパソコンの連携(接続)」は、つぎのような順番で可能になります

  1. パソコンの画面上に2次元バーコードが表示される
  2. スマートフォンにインストールした「マイナポータルアプリ」で、パソコンに表示された2次元バーコードを読み込む
  3. マイナンバーカードをスマートフォンで読み取る
  4. パソコンの画面に「読み取り完了」と表示される

「2次元バーコード読取」は、

  • e-Taxソフト(SP版)
  • 確定申告書等作成コーナー(タブレット利用)
  • e-Taxソフト(WEB版)

にて、すでに対応済みでしたが、

  • 確定申告書等作成コーナー(パソコン利用)
  • 国税電子申告・納税システム(e-Tax)受付システム 

でも、2022年1月より利用できるようになります

 

所得税申告書の閲覧サービスの提供(2022年5月対応予定)

詳しいことはまだ公表されていませんが、2022年5月以降

パソコン・スマートフォンからマイナンバーカードを使って

所得税申告書の閲覧が可能となる予定であることも公表されました

 

閲覧サービスの対象となるのは、

令和2(2020)年分以降の所得税申告書(過去3年分)で、

紙で提出された所得税申告書も対象となるということです

e-Taxソフト(WEB版) 又は、e-Taxソフト(SP版) から

「閲覧申請書」を作成・送信した後、送信先の税務署での処理が完了すると、

所得税申告書データ(PDF形式)が申請者のメッセージボックスへ格納されるということです

令和4年1月からe-Taxがますます便利になります。

 

***Something NEW***

Godiva フラッペマカロン マックカフェ

 

 


・・・このブログ記事の内容は、投稿時点での法律や状況に基づいて記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、お客様の負担をできるだけ軽減するため相続税の申告から相続にまつわる各種お手続きなどをサポートしております

◆現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン(ZOOMなど)や電話でのご相談も承っております

事務所ホームページはこちら



タイトルとURLをコピーしました