ゆうちょ銀行の送金手数料が変わります

シェアする

Pocket

ゆうちょ銀行に口座を持つひと同士の

ATMによる送金であれば

月3回までは無料だった送金手数料

2018年10月から月2回目から有料になります

2年ぶりの改悪

ゆうちょ銀行に口座をもつ人同士のATMを使った送金にかかる手数料は、2016年9月までは何回でも無料でした

それが、2016年10月以降は、送金手数料が無料なのは月3回まで、と改められました

これまで、ゆうちょ銀行口座間での送金は無料でしたが、 2016年10月より一定の送金手数料が有料化されます ATMでの話です...

あれから2年

今年2018年10月からは、同行に口座を持つ人どうしのATMを使った送金手数料について、無料となるのは1回までに変更され、2回目からは1回あたり123円(税込み)の送金手数料がかかるようになります


■スポンサーリンク


なお、ATMによる他行向けの送金手数料は現行の216~864円で据え置かれます

ゆうちょダイレクトは変更なし

ゆうちょ銀行のネットサービスである「ゆうちょダイレクト」での送金は、現在、月5回までは無料、6回目以降は113円の手数料がかかります

こちらのほうは、今回のATMでの送金手数料の改悪とは異なり、変更は予定されていません

ゆうちょ銀行のATMは、いつも混んでいるイメージが強いので、実質値上げを機に顧客の「ゆうちょダイレクト」への誘導を意識しているのかもしれません

法人向けは「ゆうちょBizダイレクト」が来春スタート

さらに、来年2019年4月からは、通常の払込書を用いて、受取人の振替口座に現金などにより送金額を払い込む送金にかかる手数料も、現在の80円~340円から150円~410円に値上がりすることが決まっています

払込書を用いて送金する方法は、ゆうちょ銀行に口座を持っていなくても、ゆうちょ銀行や郵便局の貯金窓口で商品やサービスの代金を払い込むことができ、会費の支払いなどにもよく使われています

同時に、法人向けのネットバンキングサービス「ゆうちょBizダイレクト」がスタートするなど、法人向けのサービスも大きく変わる予定です(2018年11月事前受付開始)

***編集後記***

今日は税理士会主催の研修会へ

デパート内のホールなので、エスカレーターを降りると北海道物産展

お土産を買って帰宅しました(いかめし、メロンプリンパンなど…)


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、かまくら相続|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。【初回無料相談実施中】ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク