『課長の「ほめ方」の教科書』 ~読書ダイアリーから

シェアする

Pocket

いい言葉をかけてもらうと、心が和み、成長につなげることもできます

ほめ上手な人が周りにいることは幸いです

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-09-18-32-26

スポンサーリンク

すべての基本は「ほめること」にある

言葉は万能ではありませんが、とてつもないパワーがあります。

その中でも、「ほめること」には、とてつもなく大きな力があると、心理カウンセラーである著者が確信してまとめた本が『課長の「ほめ方」の教科書』

少し前に日経新聞でも取り上げられていました。

「ほめる」ことの大切さをテーマにした本は、すでにたくさん世に出ているにもかかわらず、あえてこのテーマを選んだという著者は、「ほめることができない人」が実に多くて、「これはまずい」と痛感したから、といいます。

周りをみても、確かにそうだな、と思います。

周りの様子に気を配り、ほめたりねぎらったりするのは、労力がいること。それでも、ほめ言葉を言い続けていると、「ほめ」は思いのほか気持ちがいいものだと気づかされると思います、とのこと。

「ほめ」は人のためならず、必ず、その言葉は巡り巡っていい結果として自分に返ってきます、と著者はいいます。

「ほめ方の技術」を紹介

叱るより、ほめた方がよいのはわかっているけれど、実際は、ほめるのって難しい、具体的にどうやってほめたらいいの?と思う方に。

この本は、カウンセラーによる「教科書」なので、過去形、現在形、未来形といった「時制」による「ほめ方」が紹介されています。

例えば、「すぐに結果が見える効果的なほめ方18」では、

努力を無駄にさせない「過去形ほめ」、

職場を活性化させる「現在形ほめ」、

自信とモチベーションを上げる「未来形ほめ」から始まり、

叱りをはさむ「サンドイッチほめ」、

信頼感が伝わる「相談ほめ」など18パターンが紹介されています。

《50音順》ほめ言葉辞典

「ほめ方18」を読んでも、すぐには実践できないかもしれません。

そんなときには、巻末の《50音順》ほめ言葉辞典を参考にしましょう。

さまざまな相手に使える「ほめワード」が100語紹介されています。

具体例が豊富で、今すぐ使うことができます!

印象に残ったのは、

「頭が下がる」→目上の人には「敬服します」と言う

「あのひとことが忘れられない」→どんなに時間が経っても構わない、最大級の「ほめ」

「いぶし銀」→一見地味だけれど渋い魅力を醸し出している人を称える言葉

「うるわしい」→「美しい」は好ましい美を指すのに対し、端正な美を表現する

「運も実力のうち」→謙遜する相手ももはや謙遜できない

「鑑」→まさにお手本のようだ、という意味合いで、感服したときに使う

「筋がいい」→このまま続けたら伸びそうなときなどに。そう言われると俄然頑張るのが人間

「楽しそう」→ほめられた人はますます楽しくなり、楽しさが循環する

「よく気がついた」→気がついたらすぐにほめるのがポイント

誰かにほめられたこと、ほめられたときの言葉を人は一生忘れません。

それくらい「ほめ言葉」は周りに想像以上の変化をもたらすだけでなく、「ほめ言葉」を発した本人自身も驚くほど変化すると著者はいいます。なぜなら、言葉は脳にダイレクトに響き、行動力につながるから。

「ほめ」スキルを磨いて、周りも自分もイキイキ過ごしたいです!


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク