改元後の源泉所得税納付書の記入の仕方

シェアする

Pocket

上半期の源泉所得税納付書の作成をする時期となりました

改元があった2019年ですが

「平成」が表示された従来の納付書をそのまま使用します

スポンサーリンク

改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた

源泉所得税の納付の際には、改元後であっても「平成」が印字された「源泉所得税の所得税徴収高計算書(納付書)」(以下「納付書」といいます)を引き続き使用することができます

「平成」が印字された納付書への記載方法については、「改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた」というリーフレットで2019年4月より周知がなされています

改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた

新元号が印字された納付書は、2019年10月以降に配布される予定ですので、それまでの間は「平成」が表示された納付書をそのまま使用します

すでに印字されている「平成」を二重線で抹消したり、「令和」と追記するといった補正も必要ありません

年度欄は「31」でよい

ここからは具体的な記入例でみていきましょう

平成31年4月1日から令和2年3月末日の間に源泉所得税を納める場合、納付書左上「年度欄」は「31」と記載します

源泉所得税納付書の「年度欄」は国の会計年度を記載する欄です

平成31年4月1日から令和2年3月31日までの間は「平成31年度」に該当するため、納付書の年度欄には「31」と記載するのが原則となります

国税庁「改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた」より

納期の特例の承認をうけている場合

納付書の右上にある「支払年月日」欄「納期等の区分」欄に記載する「年」については、令和表記「01」を平成表記「31」と記載して提出しても、有効なものとして取り扱われます

たとえば、納期の特例の承認を受けている源泉徴収義務者の方で、平成31年1月から令和元年6月までに支払った給与等について令和元年7月10日までに納付する場合、「納期等の区分」欄に「3101」~「0106」と記入する例が「改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた」に載っています

国税庁「改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた」より

しかしながら、令和表記「01」を平成表記「31」と記載しても有効なものとして取り扱われるとのことですので、自「3101」至「3106」でも有効ではあります

***編集後記***

今日は源泉所得税事務等をすこし進めました

これが済むと、いよいよ税理士試験直前期という感じがします


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク