計画運休や停電時のコワーキングスペースなどの役割

シェアする

Pocket

2019年9月9日未明に関東を直撃した

台風15号の影響により各所に影響が出ています

計画運休や停電の長期化を踏まえて

コワーキングスペースなどがタイムリーな対応をしているのが印象的です

スポンサーリンク

台風明けの計画運休とその後

昨日の未明(2019年9月9日)に強い勢力を保って関東を縦断した台風15号の影響により、週明けの首都圏の交通は大きく乱れました

JR東日本は、在来線全線で始発から「計画運休」を実施

9日午前8時ごろには運行を開始する計画でしたが、一部の路線で復旧・点検が遅れて運転見合わせが長引き、運転開始を見込んで駅に集まった乗客が駅構内にはいりきれず、入場制限を行うなど午後になっても混雑が解消されない状況となりました

別日に振り替えできない予定があり、電車が動き出したのを確認して出掛けた私も、乗り換え駅で、乗り換え先の路線が急遽運転見合わせになったのを知り、駅構内でしばらく待機することに…

普段であれば自宅から1時間以内で辿りつけるところに到着したのは、家を出てから2時間半後位でした

到着先近くの交差点は、信号機が風で飛んでしまったようで、警察の方が手信号で交通整理をしていました

コワーキングスペースの前倒し営業や無料開放

台風上陸の前日に鉄道各線が計画運休を発表するなか、明朝の電車や駅の混雑を見越して、通常よりオープン時間を早めて準備したのは、藤沢市にあるコワーキングスペースNEKTON FUJISAWAです

普段は、朝9時から営業のところ、朝8時からオープンできるよう準備することを前夜にSNSで周知し、実際にAM8時にオープンした後も、駅近の場所なので、電車の運転開始までの時間をお過ごしくださいと呼びかけていました

乗り換えのため、私が待機した駅は、残念ながらNEKTON FUJISAWA のある藤沢駅ではなかったのですが、もし藤沢駅にいたら立ち寄ってしたことでしょう

また、台風が去って1日たった本日(9月10日)でも、JR横須賀線は、台風15号の影響で運休列車や一部列車に遅れが出ています

そんなJR横須賀線の逗子駅近くのコワーキングスペースでは、電車の運休が多く、移動が大変な状況を鑑みて、終日「無料開放」するところもありました

電源あり、WiFiあり、クーラーあり等々の環境なので、移動難民の方というより、自宅や職場が停電の方が最優先で利用できますように!と願うばかりです

というのは、神奈川県内の三浦半島の一部の市町では、台風の影響で停電が今も発生していて、復旧の見込みが立っていないところがまだあるのです

停電長期化に伴うスペースの提供

千葉県を中心に、首都圏では今も停電が続く地域があります

地元の神奈川県であれば、鎌倉市、横須賀市、逗子市、葉山町、藤沢市の一部の地区で、今も停電が続いています

暑さによる体調悪化を防ぐため、鎌倉市では、停電が始まった9月9日夕方より市の施設の解放を始めました

停電の長期化により、本日9月10日からは休憩所を増やし対応しています

たとえば、停電地区に近い「鎌倉宮」も、暑さをしのぐために休憩所となり、今夜は夜間も解放されています

今回の台風は、鎌倉・北鎌倉の寺社での被害も多かったようですが、停電の長期化に伴い、地域住民へのスペース提供が様々なかたちで広がる必要があります

***編集後記***

今日は、相続税申告書作成などを

お預りした資料の読み込みと整理を粛々と


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク