専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

ふるさと納税による返礼品にかかる税金

ふるさと納税の返礼品は

所得税の課税対象(一時所得)となります

返礼品以外に一時所得の対象となる金品があるときなどは

確定申告が必要となる場合があります

スポンサーリンク

ふるさと納税の返礼品は「一時所得」

ふるさと納税をすると、通常、その自治体から寄附者へお礼として

その自治体の特産品などが送られます

 

特産品などの「返礼品」に係る経済的利益は、所得税の「一時所得」に該当します

 

一時所得は、年間50万円を超えると、超えた部分の額が課税対象となります

たとえば、その年のふるさと納税の返礼品の合計額が数万円であれば、課税関係は生じません

 

しかし、一時所得には、

  • 生命保険の一時金や損害保険の満期払戻金
  • 懸賞などの賞金品、なども含まれます

 

その年の一時所得に該当する、これらの金品を合計して、

50万円を超えた場合には、超えた部分の金額が所得税の課税対象となります

 

寄附額の3割相当が目安

ふるさと納税の特産品の場合、一時所得の課税対象となる金額は、

寄附したことにより得た返礼品の原価(仕入れ値)で計算します

 

一時所得の課税対象となる返礼品の原価の額は、

寄附先の自治体に確認するのが確実ですが、

2019年6月、総務省が寄附金額に対する返礼品の金額の割合を

「上限3割」に定めたことから、

おおよそ「寄附金額×30%」と考えることができます

 

寄附は「今年」、返礼品の受け取りは「来年」の場合

ふるさと納税の返礼品に係る経済的利益が

「一時所得」に該当することはわかりましたが、

ある年に、ふるさと納税による寄附を行ったところ、

謝礼として返礼品を受け取ったのが「翌年」だった場合、

「寄附した年」「返礼品を受け取った年」のどちらの年の一時所得となるのでしょうか

 

所得税の一時所得の計算では、

一時所得の総収入金額の収入すべき時期は、その支払いをうけた日と考えます

 

したがって、ふるさと納税の返礼品に係る経済的利益は、

「返礼品を実際に受け取った年」の一時所得として計算します

 

***Something NEW***

すずめの戸締まり

IMAXレーザー

 

 


・・・このブログ記事の内容は、投稿時点での法律や状況に基づいて記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、お客様の負担をできるだけ軽減するため相続税の申告から相続にまつわる各種お手続きなどをサポートしております

◆現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン(ZOOMなど)や電話でのご相談も承っております

事務所ホームページはこちら



タイトルとURLをコピーしました