成田往復なら前日までの購入で「N’EX往復きっぷ」がおトクです

シェアする

Pocket

東京や横浜などから成田空港へ行くときに

成田エクスプレスを利用している方

往復利用する予定であれば

前日までの購入でお得な切符があります

スポンサーリンク

成田エクスプレスとは

東京駅をはじめ、品川・渋谷・新宿・池袋・横浜・大宮などの主要な駅と成田空港をダイレクトに結ぶ「成田エクスプレス

速くて、スマートなデザインとその快適性、外国の方も多くて、成田に着く前から海外気分を味わえるのが魅力です

大船駅(鎌倉市)発着の便も定期的にでているので、成田空港を利用するときに私も利用しています

*過去に鎌倉駅まで乗り入れていた時期がありましたが、現在は大船駅発着です

N’EX往復きっぷ

成田空港を利用する際に便利な「成田エクスプレス」ですが、成田エクスプレスは指定席グリーン席のみの特急なので、「乗車券」以外に「指定席特急券」や「グリーン券」が必要です

神奈川県の大船駅から東京都を越えて、千葉県の成田空港駅まで行くと、かなりの距離(100キロ以上)があることから、片道の料金でも乗車券と特急料金をあわせると、5,000円弱と結構なお値段になります

そこで、往復ともに成田エクスプレスを利用する場合は、JR東日本が発売する、おトクなきっぷ「N’EX往復きっぷ」を前もって購入します

N’EX往復きっぷ」は、成田エクスプレスで成田空港までの往復を利用する場合、指定席券売機にて前日までに購入すれば、各設定区間からお得に利用できるきっぷです

前日までにJR東日本の駅の指定席券売機で「N’EX往復きっぷ」を購入しておくだけで、東京都区内であれば、普通車が往復で4,940円と1,100円お得になります

グリーン車の場合はより割引金額が大きく、東京都区内~成田空港往復で6,480円と2,640円もお得です

横浜や大船、大宮からだともっと割引率が高く、大船~逗子から成田空港まで普通車なら往復6,380円でした(普通にIC乗車券+特急料金を往復払うと、9,636円です)

前日までに購入を!

N’EX往復きっぷ」の注意点は、ただひとつ、出発の前日までに購入することです

利用日当日の発売はしていないので、成田エクスプレスに乗車する前に駅で思いたって購入することはできません(座席の指定は乗車当日でもOKです)

また、「N’EX往復きっぷ」の有効期間は14日間ですので、14日以内の旅行でないと利用できません

購入できるのは、JR東日本の首都圏の主な駅の指定席券売機です

なお、往復切符といっても、「行きだけ座席の指定をしておくので問題ありません

成田空港からの帰りは、成田空港到着後に、成田空港駅の指定席券売機で座席の指定をします

***編集後記***

週末から家族で台湾へ行ってまいりました

天燈上げや、美味しいものを満喫 「台湾ロス」という言葉わかります


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら