競馬競輪などの払戻金と確定申告

シェアする

Pocket

競馬や競輪などの払戻金については

一時所得として確定申告が必要となる場合があります

一年間の払戻金の受取額と当たり券の投票額を計算してみましょう

競馬などの払戻金にかかる税金の計算

所得税の計算では、個人の所得はいくつかの種類に分けて、課税します

たとえば、会社から受け取る給料であれば給与所得として、不動産や株を売却してもうけがでたらそれは譲渡所得として課税されます

競馬や競輪、オートレース、ボートレースなどの払戻金は、一時所得として所得税の確定申告が必要となる場合があります

一時所得というのは、ざっくりいうと、一時的に発生する所得で、営利を目的とせず、サービスの提供やモノの販売による対価としての性質をもたない所得です

たとえば、懸賞の賞金や、遺失物拾得者が受ける報労金など

このほかにも、保険料や掛金を自分で負担した生命保険契約に基づいてうける保険金、損害保険契約などに基づく満期返戻金なども一時所得として課税されます


■スポンサーリンク


一時所得は、その収入がそのまま課税されるわけではありません

一時所得の金額は、つぎのように計算します

総収入金額-その収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)

総収入金額は、賞金や報労金、保険金などの1年間の合計金額です

この合計金額から、その収入を得るために支出した金額を控除します

支出した金額の一例としては、賞金を得たクイズに参加するための交通費や競馬などの公営競技の掛金、保険金を受け取った契約にかかる保険料の累計額などです

そして、総収入金額から支出した金額をひいて、残額があれば最高50万円の特別控除をひきます

一時所得は、一時的な所得であるため、このように「特別控除」が設けられ、さらにその残額についても1/2だけ課税することにして、税負担がおおきくならないように配慮されています

マイナスできる金額に注意

競馬や競輪などの公営競技で得た払戻金にだけ注目すると、その一時所得の金額は、つぎのように計算することになります

  1. 払戻金に係る年間受取額を計算
  2. 払戻金に係る年間投票額を計算
  3. 上記1-上記2-50万円(特別控除)

注意したいのは、上記2の「払戻金に係る年間投票額」とは、払戻金を得るために投じた全ての金額ではありません(外れ馬券はのぞかれる)

一時所得の計算では、その収入を得るために支出した金額として、払戻金からマイナスできるのは、払戻金に対応する投票額(当たり券の投票額)のみです

その収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額に限る、と決められているためです

集計用フォーマット

競馬や競輪などの払戻金に係る所得は、「払戻金に係る受取額」・「払戻金に係る投票額(当たり券の投票額)」などを「公営競技の払戻金に係る所得の計算書」に入力して計算することもできます

公営競技の払戻金に係る所得の計算書」は、国税庁のホームページにて、集計用フォーマットとして提供されています(エクセルファイル)

公営競技の払戻金の支払を受けた方へ|国税庁

***編集後記***

鎌倉市内、道が狭くて車はちょっと…という時があるので、電動自転車の購入を検討中です

パワー、サイズ、スタイルetc.色々あるので、見始めると迷います


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、かまくら相続|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク