「日本人は3過ぎる」~〇〇しすぎる△△すぎる◇◇すぎる

シェアする

Pocket

20年以上も前に聞いたこの言葉

頭の片隅にいつもあります

Mariamichelle / Pixabay

スポンサーリンク

何し過ぎる?

学生の頃、こんな言葉を耳にしました。

「日本人は3過ぎる」

→「子供のころは勉強し過ぎる」

→「大人になると働き過ぎる」

→「年をとると暇すぎる」

受験戦争、過労死、そして少子高齢化の進展が社会問題となっていた時代。

妙に納得しました。

そして、この3つ、バランスよく過ごしたいと思い、折に触れては思い出しています。

TOO MUCH はこの20年でどう変化したか

この20年のあいだに、ゆとり教育の時代もあり、今の子どもたちを見ていても「勉強し過ぎる」とはあまり感じません。

仕事も、ワークライフバランスという言葉が生まれました。長時間労働は相変わらずですが、働き蜂という言葉までは最近は耳にしません。

いまや超高齢化社会。人生90年の時代となり、イキイキと働いたり、アクティブに活動するお年寄りが増えました。

それでも、子供の時は勉強、大人になったら仕事、年をとると暇、というのが今も主流です。

バランスのある日々を

勉強も、仕事も、時間も! バランスよく過ごせると、日々がもっと楽しくなります。

子どもだけ勉強、大人だけ仕事、リタイアしないと時間がない、なんて勿体ない。

大人だから仕事だけ、でなく、大人だって学んだり、自由な時間をもつことで、ワークライフがより充実します。バランスのある人生を志してみましょう!


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら