鎌倉巡り~老舗編5~

シェアする

Pocket

地元紹介シリーズ第5回は

小町通りの路地をはいったところに佇む

甘味処「納言志るこ店」

昭和の雰囲気とシンプルなメニューが魅力です

超定番「納言でおしるこ」

鎌倉の小町通りの路地をはいったところに佇む

「納言志るこ店」は、文字通り、おしるこが名物の甘味処です

昭和の雰囲気を残す店内へは、カラカラと引き戸をあけて

四人掛けテーブルが6つ、二人掛けテーブルが3つ、と大きなお店ではありませんが、

きびきびと働いている店員さんと厨房が見渡せるレトロなつくりが魅力です

創業65年くらいでしょうか

学生時代によく口にした「納言でおしるこ食べない?」を今も言えるのが嬉しい

これからも大切にしていきたいお店です

老若男女に人気です

平日の15時過ぎ、店内は8割ほどの入り

観光客から買い物帰りのご婦人、一人でフラッと寄ったような方、甘いものを楽しむ女子たちやカップルなどが入れ替わり立ち代わりお店に立ち寄ります

男性二人連れの方もいらっしゃいましたよ

こちらのお店のイチ押しは、店名にもある「おしるこ」です

「おしるこ」には、つぶ餡の「田舎しるこ」と、こし餡の「御膳しるこ」があります

好みもあるでしょうが、「田舎しるこ」を頼む方が多いですね(どちらも700円です)

「田舎しるこ」は、こんな感じで運ばれてきます

なんとシンプルな!お茶もおいしそう

お椀にたっぷり入っている、おしるこは、北海道十勝産の大納言小豆を毎朝2時間以上かけて煮込んでいるそうです

優しい甘さと柔らかさにうっとりします

箸休めも嬉しいです

ほかにも、クリームあんみつも人気ですし、夏にはかき氷も楽しめます

4人以下の来店がおすすめ

こじんまりとしたお店なので、大人数で伺うのは向きません

途中で訪れた、5名様のお客様は、ちょうど席がなくて帰っていかれました

4人掛けテーブルがメインです

2人掛けテーブルもあるので、ひとりでフラッと訪れても居心地が悪くありません

ただし、鎌倉が混んでいる時期の午後はお店の外まで並んでいることもあります

長居できるお店ではありませんが、ほっこりと心身をあたためることができますよ

 納言志るこ店(毎週水曜と第三木曜日が定休)

***編集後記***

不動産売却の確定申告書を作成していて、どうしても気になることがあり現地までママチャリ

登記ネットで調べていたことを自分の目で確認できてスッキリしました


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、かまくら相続|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。【初回無料相談実施中】ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら