専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

所得税還付金の受け取りに利用できない銀行口座

所得税確定申告などの国税の還付金は

申告する納税者名義の預貯金口座への振込でうけとることができます

ただし、還付金の振込に対応していない銀行もあるので注意が必要です

スポンサーリンク

国税の還付金を受け取れない銀行

国税庁のホームページでは、所得税の確定申告での還付金について、つぎのように記載があります

 預貯金口座への振込みを希望する場合は、原則として、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合、漁業協同組合及びゆうちょ銀行の預貯金口座に振込みが可能です。
ただし、一部のインターネット専用銀行については、還付金の振込みができませんので、振込みの可否について、あらかじめご利用のインターネット専用銀行にご確認ください。

これを読むと、還付金の振込に対応していない「一部のインターネット専用銀行」とは、どこの銀行だろうと思いますよね?!

税務署にも多くの質問が寄せられているのか、還付金の振込に対応していない銀行のリストを税務署で見かけることがありましたのでご紹介します

2020年8月現在、国税の還付金の振込に対応していない銀行は、つぎの通りです

  • auじぶん銀行
  • セブン銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

 

【振込】auじぶん銀行口座を年金や国税還付金の受取口座に指定できますか?

よくあるご質問|セブン銀行

税金の還付金を受け取る口座に大和ネクスト銀行を指定できますか-よくあるご質問

 

還付金の受け取りに対応しているネット銀行

一方、インターネット専用銀行でも、下記の銀行は、国税の還付金の受け取りに対応しています

  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行
  • ローソン銀行
  • 楽天銀行

 

預貯金口座の口座名義にも注意

確定申告などの還付金の受け取りは、振込みに対応している銀行を選ぶだけでなく、申告者本人の名義の口座である必要があります

本人の氏名のほかに店名、事務所名などの名称(屋号)が含まれる場合、振込みできないことがありますので、本人の氏名のみの口座を指定しましょう

旧姓のままの名義である口座の場合も、振込みができません

振込みに対応していない銀行や、申告者本人の名義でない口座を還付金受取口座として申告した場合には、還付金の振込が行えない旨の連絡が後日税務署からきます

その際には、他の口座を指定するか、郵送される「国庫金送金通知書」を郵便局へ持参し還付金を受け取ることになるため、還付金の受け取りが通常より遅れてしまいます

 

***Something NEW***

勝間式ネオ・ライフハック100

舟形マスク(大臣マスク) *布マスクはCreemaで好みのものを見つけています

 

 


・・・このブログ記事の内容は、投稿時点での法律や状況に基づいて記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、お客様の負担をできるだけ軽減するため相続税の申告から相続にまつわる各種お手続きなどをサポートしております

◆現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン(ZOOMなど)や電話でのご相談も承っております

事務所ホームページはこちら



タイトルとURLをコピーしました