明日は5回目のプレミアムフライデー

シェアする

Pocket

月末というより

今年も半年過ぎたという節目である明日6月30日

2017年2月から始まった

プレミアムフライデーの日でもあります

明日は5回目のプレミアムフライデー

月末の金曜日は15時など早めに仕事を切り上げ、夕方から買い物や飲食、旅行などを楽しんでもらう、という政府や経団連が推進している消費喚起のキャンペーンを、プレミアムフライデーといいます。

2017年2月24日からスタートした、プレミアムフライデーも、明日6月30日で5回目となります。

第1回目の2月24日は、様々なイベントと色々な報道で多少盛り上がったものの、2回目の3月31日は、1年で最も忙しい日なのに…という冷ややかな声も聞かれ、最近はプレミアムフライデーという言葉もあまり耳にしなくなっているような気もします。

低迷が続く個人消費を盛り上げるとともに、安倍政権がすすめる働き方改革につなげようと、「一石二鳥」を狙った、プレミアムフライデー。

クールビズのように定着させ、継続的な消費活性化につながっているのでしょうか。

プレミアムフライデー意識調査

プレミアムフライデーを国民運動として推進していくための実施方針等の検討、普及啓発活動などを行っているプレミアムフライデー推進協議会が、6月22日に発表した第1回から第4回「プレミアムフライデー」意識調査(有効回答数2015人)によると、

  • プレミアムフライデーの認知率は、約9割
  • 約半数がプレミアムフライデーについて賛成と回答
  • 「普段の週末にはできない過ごし方」が出来たと約4割が回答
  • 性別・年代別で比較すると、参加意向が最も高いのは72.2%の20代女性

第1回から第4回「プレミアムフライデー」意識調査

プレミアムフライデーへの参加意向は、男女を比較すると女性の方が高く、特に、若年層の女性がプレミアムフライデーに前向きな姿勢を示しています。

また、導入してほしい「働き方改革」の取り組みとして、プレミアムフライデー の導入を希望したのは、23.7%で、第4位にランクイン。

ちなみに、第1位はノー残業デー、第2位は週休3日制、第3位はフレックスタイム勤務制度となっています。

取り組み紹介

プレミアムフライデーの公式ページ?のなかでは、各企業・団体から寄せられた実施情報などを「取り組み紹介」として紹介しています。

6月に限定すれば、それほど沢山紹介されているわけではありませんが、タイムセールや特別試写会、ライブ、皇居ランなどがあり、見てみると興味深いです。

プレミアムフライデー(Premium Friday)月末金曜、何しよう?

一般財団法人日本生涯スポーツ健康協会が提唱する、プレミアムスポーツフライデーというのも面白いですね。

月末金曜はちょっと健康に。プレミアムスポーツフライデーPREMIUM SPORTS FRIDAY

地元の一部の図書館でも、これまで19時だった金曜日の閉館時間を、6月、7月、8月の月末金曜日は試験的に20時まで開館にする試みが行われます。

プレミアムフライデーが定着するかどうかも含めて、今後の取り組みも気になります。


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、かまくら相続|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。【初回無料相談実施中】ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら