e-Tax を利用しようと思った理由No.1は「税務署に行く必要がないから」

シェアする

Pocket

平成30年度の e-Tax利用状況などが公表されています

e-Tax利用者などによるアンケートの結果からは

e-Tax の利点や問題点が浮かび上がってきます

スポンサーリンク

e-Taxに関するアンケート

平成30年度における e-Tax の利用状況等について 」が国税庁から公表されています

e-Taxホームページ・確定申告書等作成コーナーでは、e-Tax(国税電子申告・納税システム)の今後のシステム開発や運用等の参考とするため、アンケートを実施しています

国税電子申告・納税システム(e-Tax)に関するアンケート

2019年2月から5月にかけて回答されたアンケート(回答数138,933件)の結果をみると、申告書等の入力・作成に関しては8割近くが「操作しやすかった」と回答しているものの、ヘルプ機能に関してはその割合が減り、「ヘルプ機能の該当ページにたどり着くまでの画面遷移が複雑であり、必要な情報が探しづらかった」といった自由回答もあったことがわかります

回答からわかるe-Tax 利用のメリット

この「国税電子申告・納税システム(e-Tax)に関するアンケート」では、「e-Tax を利用しようと思った理由」という質問があります(問1-6)

複数選択が可能なこの質問の回答肢は、以下の通りです

  • 税務署に行く必要がないから
  • 税務署の閉庁時間でも申告書等の提出(送信)ができるから
  • 申告書の作成・送信が容易だから
  • ペーパーレス化が図られるから
  • 申告内容の履歴が残り、管理しやすいから
  • 所得税申告について、源泉徴収票等の添付書類の提出を省略することができるから
  • e-Taxで還付申告をした場合、還付処理が早いから
  • パソコン(インターネット)を活用できるから
  • インターネットバンキングを活用できるから
  • マイナンバーカードを取得したから
  • 体験したかったから、興味があったから
  • その他

このなかで、最も選択されたのは、

税務署に行く必要がないから」という回答で、続いて

税務署の閉庁時間でも申告書等の提出(送信)ができるから

申告書の作成・送信が容易だから」と、上から3つの回答肢が続いた後、

パソコン(インターネット)を活用できるから

申告内容の履歴が残り、管理しやすいから

所得税申告について、源泉徴収票等の添付書類の提出を省略することができるから」と続きます

これらは、すべてe-Tax ならではの利点ですね

この後続く「ペーパーレス化が図られるから」「e-Taxで還付申告をした場合、還付処理が早いから」からも、e-Tax のメリットが浮き彫りされます

利用していない理由にも注目

このアンケートでは、e-Tax を利用していない方からの回答もあり、そちらをみると、e-Tax の課題が浮き上がります

e-Tax を利用していない(又は利用をやめた)理由」として多かった回答は、

  • ICカードリードライタの取得に費用や手間がかかるから
  • 電子証明書の取得(更新)に費用や手間がかかるから
  • セキュリティに不安があり、インターネットを利用したオンライン申請に抵抗があるから
  • 添付書類の一部について、別途、提出する必要があるから

などです

多くの方にとってのe-Tax のハードルを垣間見ることができます

***編集後記***

今年もあと4か月ですね

まだまだ残暑が続くでしょうが、夜になると虫の音が聞こえ始めて秋を感じます


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク