経理を自分でするメリット

シェアする

Pocket

フリーランスや小さな会社の場合

会計事務所に丸投げでなく

自分で経理をするメリットはたくさんあります

会計ソフトを使っての入力

フリーランスや小さな会社の経営者なら

自分で会計ソフトを使って帳簿をつけることをおススメします

一般用の会計ソフトは使いやすく出来ていますので

慣れれば、普段の取引なら問題なく記録することが出来ます

一般に広く知られている会計ソフトは弥生会計ですが

最近はfreee やマネーフォワードなどクラウド型の新しいソフトも人気です

クラウド型の会計ソフトの長所は

ネットバンキングやSuica などのデータを自動で取り込み

最初に設定しておけば同じような取引は自動で同じように仕訳をしてくれる点です

どこでも、いつでも記帳できる、というのは

忙しいフリーランスや社長にとっては大きなメリットです

損益状況を把握しやすい

会計ソフトへの取り込みや入力を自分で行う、最大のメリットは、

自分(自社)の売上や利益を把握しやすい点です

経理をまとめて行おうとせず、日々記録していたら

現在どのくらいの売上や利益があるのか

あとどれくらいで目標を達成できるのかなどがタイムリーにわかります

フリーランスや社長の意思決定にこうした情報は不可欠です

お金の使い方がわかるようになる

また、自分が使ったお金を自分で記録することにより

なににお金をつかっているのかを日々あらためて見直すことが出来ます

会計事務所に資料を丸投げして帳簿をつけているのでは

支出した領収書を集めて終わりとなり、領収書を見直すプロセスがありません

領収書をみながら改めて会計ソフトに入力することで

自分がなににお金を使っているのかを見直すことが出来ます

会社の損益状況も、お金の使い方も、リアルタイムに把握しておくと

問題や改善点をみつけても早めに手を打つことができます

個人事業主の会計期間は1月から12月まで

年末や、年を越してからでは手遅れなこともありますから、

この時期に9月までの経理を終わらせて、決算予測

これ以降はリアルタイム経理でいきましょう

決算や確定申告を早く終わらせることが出来ますよ!

***編集後記***

文化祭シーズン到来。先週末に続き、今週末も文化祭です♪