鎌倉・長谷寺あじさい路散策

シェアする

Pocket

アジサイが見ごろを迎えています

鎌倉の長谷寺のアジサイを

見に行きました

鎌倉アジサイ三大名所

このところ鎌倉のアジサイは大人気

以前はそれほどでもなかったように思うのですが、シーズンになると、観光客で大賑わいです

私選・鎌倉アジサイ三大名所は、北鎌倉の明月院、長谷の長谷寺、坂の下の成就院

北鎌倉の明月院は、この時期、北鎌倉の駅で電車を降りると、狭いホームからひとの渋滞となるくらいの有名どころです

北鎌倉らしい、しっとりした落ち着いた雰囲気が魅力です

坂の下の成就院は、アジサイ大ブームとなる前から散歩でよく行く、お気に入り

海が見えるアジサイ参道が話題となり、年々観光客が増えていたところ、2015年からアジサイの植え替えと参道の改修工事がはじまり、見ることができなくなってしまいました

長谷にある長谷寺は、鎌倉大仏と並び、言わずと知れた有名なお寺

ただ、昔からアジサイが有名だったかというと、そうでもありません

長谷寺の境内には、鎌倉の海と街並みが一望できる見晴台があり、そこから傾斜地を利用してできた、眺望散策路

その散策路に、平成の初めにアジサイの栽培を始めたのがきっかけで、今では「あじさい路」と呼ばれる、アジサイ散策路がこの時期一番の見どころとなっています

鎌倉長谷寺の「あじさい路」

鎌倉市観光協会による先週のアジサイ開花情報によると、場所により3~7割程度の開花とのこと

今朝はざっと雨が降っていたものの、すこし降り止んだ間に長谷寺にいってきました

開門時間は8時から17時(夏時間)でしたので、混み始める9時前に到着

拝観料は大人300円、小学生100円です

外国人観光客も多いので、Suica やPASMO で拝観券が購入できるのは便利ですね

この時期、鎌倉を歩いている観光客の多くが手にしているのが、丸いウチワ

長谷寺のアジサイが紹介されています

拝観券をみせるときに手渡されるのではなく、入り口はいって右手の場所で欲しい人がもらいます

なにやら、日中の混雑ぶりを思わせる掲示も

ホームページにも、混雑時の整理券配布について掲載されています

混雑時の対応について|鎌倉 長谷寺

午前9時前、はとバスが到着し始めました

鎌倉長谷寺には入口のある下の境内と、階段を登っていく上の境内があり、上の境内は本尊である長谷観音が安置される観音堂を中心に、見晴台と、あじさい路のある眺望散策路で構成されています。

下の境内から上の境内へと続く階段の途中

上の境内にある、あじさい路へ向かいます

階段を登り、上の境内に到達すると、本尊である十一面観音菩薩像(長谷観音)が安置される観音堂をはじめ、見晴台観音ミュージアムお食事処などもあります。

この時期のメイン、あじさい路は130段程の階段が続く山道に、40種類以上約2500株のアジサイが群生しています。

看板に沿って進むと、これから進むあじさい路のイラストがあります

いよいよスタート

うえからの眺望

段々畑のよう、といえば、わかりやすいでしょうか

「あじさい路」散策の注意点

いろいろな種類のアジサイを思う存分満喫できる、鎌倉長谷寺のあじさい路

種類によって咲き始める時期がすこしずつ異なるものの、しばらくの間、眺望散策路いっぱいにアジサイが咲き競うことでしょう

あじさい路を楽しむための注意点としては

  • 細く狭い小径となっているため、混雑時にはあじさい路のみ入場規制を行う場合がある
  • 階段と高低差があるため、足腰に自信のない方はすべて回るのが大変だが、てっぺんを目指さずに、ショートカットでいけるコースもあるのでそちらに迂回するなど臨機応変に

入場規制とは、あじさい路が混雑した場合に、整理券を配り、配布された整理券の番号に従ってあじさい路に進む、というもの

テーマパーク並みです…

靴も歩きやすくて滑りにくいものがよいでしょう!

地形的にベビーカーの利用は難しいため、境内入口付近にベビーカー置き場があります