電子申告の方、確定申告に関するお知らせが届きます

シェアする

Pocket

電子申告をされている個人の方

国税庁から確定申告に関するお知らせが

本日1月18日から20日までのあいだに届きます

確定申告に関するお知らせが届きます

電子申告(e-Tax)を利用している方は、一定時期になると、利用者本人のメッセージボックスに確定申告等に関するお知らせが届くことになっています。

個人の方に対するお知らせには、所得税等、消費税等の確定申告期間・納期限・振替日・振替利用金融機関等、所得税確定申告の予定納税額、消費税等の中間納付税額、贈与税の申告期間等の情報が記載されます。

平成28年分確定申告に関するお知らせについては、本日平成29年1月18日(水)から20日(金)の間に利用者本人のメッセージボックスに順次格納される予定とe-Taxホームページで発表されています。

申告に関するお知らせのメッセージボックス格納時期について

e-Tax からの「お知らせ」の見方

この確定申告等に関するお知らせには、所得税確定申告の予定納税額、消費税の中間納付税額等が記載されます。


■スポンサーリンク


現在、国税を口座振替により納付している方は、口座振替の都度、金融機関から領収証書が送付されていますし、予定納税額や中間納付税額を税務署から届いた納付書で納付している方も金融機関の出納印がついた領収証書がお手元に残ることから、平成28年中に前納した予定納税額中間納付税額の金額自体は各々把握できているはず。

しかしながら、確定申告書を作成するに当たっては、予定納税額中間納付税額を e-Tax からのお知らせなどでもう一度確認しておきたいことも。

お知らせをみるためには、このサイトへ

国税電子申告・納税システム

e-Tax利用者の16桁の利用者識別番号と暗証番号を入力して、ログインすると、確定申告等に関するお知らせを格納するメッセージボックスにアクセスできます。

法人の場合も同様です

電子申告(e-Tax)を利用している法人の場合も、個人同様に、メッセージボックスにお知らせが格納されます。

対象となる法人は、前事業年度又は前課税期間において e-Tax により確定申告を行った法人。

確定申告に関するお知らせが届くのは、決算月の翌月中旬

申告期限月の上旬に、法人税の予定申告及び消費税の中間申告に関するお知らせが届きます。

たとえば、3月決算法人なら、4月中旬に確定申告に関するお知らせが、5月上旬に法人税の予定申告及び消費税の中間申告に関するお知らせが届きます。

こういったスケジュールを知っておくと、先回りして準備ができますね。

なお、e-Tax にメールアドレスを登録しておくと、メッセージボックスにお知らせ等が格納された場合には、登録したメールアドレスあてに「税務署からのお知らせ」メールが送信されますので、こちらの方法もあわせて活用しましょう。


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、かまくら相続|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。【初回無料相談実施中】ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク