家計簿どうしてますか?スタートは定点観測から

シェアする

Pocket

秋も深まり、手帳とともに家計簿も特設コーナーでみかけます

家計簿は新年でなくとも思い立ったら始められます

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-19-19-36-29

スポンサーリンク

家計簿は百人百様

書店には、手帳とともに家計簿もたくさん並んでいます。

むかしは奥様雑誌のお正月号の豪華付録の定番だったような…(今も?)

思ったより沢山の種類の家計簿が並んでいたので、今でも需要があるんだな、と思いました。

レシートを収納するのか、半透明のファスナーバッグ付きの家計簿もありました。

初めて耳にした、「レシートポケット」という言葉。

継続できるような工夫がされている家計簿がたくさん売られています。

多種多様な家計簿。

家計簿のつけ方は、ルールなどなく、家計の数だけあると思います。

預金口座の定点観測をしてみる

毎日レシートとお財布をにらめっこして、記録する、というのが苦手な方は、まずは、銀行の預金口座の残高を定点観測してみましょう。

たとえば、毎月1日と決めたら、その日の預金残高を記録します。

記録するのは、ノートでも手帳でもいいですし、スマホのメモがあればそれでもよいです。

日常的にパソコンを使用しているなら、エクセルで簡単な表を作ってみるといいでしょう。

記録をしたら、前月の預金残高の合計と比べてみましょう。

前月より増えているのか、減っているのか。

どちらにせよ、増減の理由がぱっと頭に浮かぶのが理想です。

その理由は欄外にメモします。

つぎの一歩

預金口座の定点観測をするためには、自分や家族のもっている銀行口座を把握する必要があります。それくらいできてますって?

インターネットバンキングでない口座は、預金通帳を毎月記帳しにいかなくては残高がわかりません。

毎月のスケジュールに記帳の時間を組み込んでしまうのが継続の秘訣です。

それでも毎月の記帳がなかなかできない場合、全ての口座をインターネットバンキングにして、無料で使える家計簿アプリに挑戦するという手もあります。

税理士という職業柄、お金の管理はきちっとしていると思われがちですが、実は家計管理については、預金残高の定点観測を今年から始めたばかり。

遅ればせながら、インターネットバンキング化を進めて、家計簿アプリにチャレンジします!


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク