鶴岡八幡宮の冬ぼたんが見頃です

シェアする

Pocket

お正月の人出が落ち着いた最近の鎌倉

鶴岡八幡宮で冬ぼたんが見頃です

藁囲いの中で可憐に咲く

鎌倉・鶴岡八幡宮の源氏池畔の神苑ぼたん庭園では、冬ぼたん春ぼたんが楽しめます。

冬ぼたんは、1月1日から2月中旬

春ぼたんは、4月上旬から5月上旬に見頃を迎えます。

冬ぼたんは、「正月ぼたん」とも呼ばれ、真冬に藁囲いの中で可憐に咲く姿が魅力です。

神苑ぼたん庭園では、100品種1000株の「ぼたん」が植えられているとのこと。

開園時間は午前9時から午後4時30分まで。拝観料は500円です。

ぼたん庭園は廻遊式の日本庭園

神苑ぼたん庭園は、昭和55年に鶴岡八幡宮の創建800年を記念して造られた廻遊式の日本庭園です。

庭園の場所は、鶴岡八幡宮内の源氏池ほとり。

鶴岡八幡宮の参拝を終えた後、境内を背にして左手の方向に向かい、道なりに進んでいくと、神苑ぼたん庭園の看板が目にはいります。

出入口のひとつはこちら。

順路に沿って行くと、鳥居側のもうひとつの出入口にでることもできますので、そのまま鶴岡八幡宮を後にすることもできます。

鶴岡八幡宮の源氏池の東南を囲むようにして造られた、この日本庭園。

境内と比較すると、人出も少なくて落ち着いた穏やかな雰囲気です。

景石と御簾垣や杉苔とが調和した景観が広がるなか、寒さよけの藁を被った寒ぼたん。

思ったより沢山のぼたんが藁の中で可憐な姿をみせています。

庭園から見る池の様子も趣があります。

さぎもひっそりと佇んでいました。

待たれる雪景色

今の時期は寒さを耐え忍ぶため、寒さよけの藁を被った冬ぼたんが見られます。

雪が降ると、藁に雪が積もり、その中で咲くぼたんの姿は可憐そのもの。

つぎは雪景色に訪れたいです。

4月からの春ぼたんは、池の周りの桜とともに楽しむこともできます。

気温が低く、寒いながらも、お日様のでている日中の散歩はとても気持ちよかったです。

梅もきれいに咲いていました。


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、かまくら相続|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。【初回無料相談実施中】ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら