マイナンバーカードの最新☆交付状況

シェアする

Pocket

よく耳にするけど

あまりお目にかからなった

マイナンバーカード

最近立て続けに見かける機会があり

より身近に感じています

あまり見かけなかったマイナンバーカード

平成28年分以降の確定申告より、申告書にマイナンバーを記載本人確認書類の提示又は写しの添付が必要となりました。

マイナンバーカードをお持ちの方は、マイナンバーカードだけで本人確認(番号確認+身元確認)が可能です。

マイナンバーカードをお持ちでない方は、通知カードなどの番号確認書類+運転免許証などの身元確認書類により、本人確認します。

マイナンバーカードを持っていれば、それ一枚で本人確認が済むという利便性があるものの、確定申告時期に感じたのは、マイナンバーカードはそれほど普及していない…ということ。


■スポンサーリンク


まだまだ普及には時間がかかる印象をうけました。

最新の交付状況

平成29年3月8日時点のマイナンバーカードの交付状況をお伝えした、当ブログ

マイナンバーが国民に付されて約1年半 身分証明書として利用できる マイナンバーカードはどれくらい普及しているのでしょうか ...

特別区・市の交付率全国トップ10に、地元・鎌倉市と、隣接の逗子市がランクインしていました。

最近発表された、最新のマイナンバーカードの交付状況(平成29年5月15日時点)によると、人口に対する交付枚数率は、3月時点の8.4%から9.0%へわずかに上昇。

マイナンバーカード交付状況(平成29年5月15日時点)

前回3月8日時点の交付状況のように、マイナンバーカードの交付枚数交付枚数率が、団体区分別(全国、特別区、政令指定都市、市、町村)、各都道府県・市区町村別に発表されているほか、今回の5月15日時点の交付状況では、新たに、男女・年齢別(5歳刻み)の交付件数・交付率が公開されました。

この男女・年齢別の交付件数・交付率をみると、マイナンバーカードの交付を受けていることの多い性別年代がわかります。

性別でいうと、交付率は男性9.9%に対して、女性8.0%と、男性多し

年代をみると、全体の平均交付枚数率9.0%を超えているのは、55~89歳までの世代です。

概して、中高年世代に人気で、70歳代の交付率は17%前後にまでなっています。

運転免許証返戻と関係があるのかなーというのは、推測です。

マイナンバーカードをコピーするときの注意

確定申告書等の提出の際に、マイナンバーカード写しを添付することがあります。

写し(コピー)をとるときに気を付けているのは、番号が読み取れる濃度でコピーすること。

意識せずにコピーすると、肝心の数字の部分が黒っぽくて読み取れないことがあります。

数字のところの背景がグレーになっているのは、意図的でしょうか。

マイナンバーカードの交付状況が定期的に発表されるようになると、普及状況がわかりやすいですね。

マイナンバーカードを利用して政府が中心となり運営する、マイナポータル7月試行運用開始秋頃に本格稼働の予定です。

サービストップ|マイナポータル

このサイトをお気に入りに登録して、Googleのブックマークバーにマイナちゃんが並ぶと可愛いですよー


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、かまくら相続|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。【初回無料相談実施中】ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク