タワーマンションの固定資産税見直しはいつから

シェアする

Pocket

固定資産税の納税通知書

東京都も6月上旬に届いています

一時期話題になった

タワーマンションの固定資産税の計算方法の見直し

いつから適用されるのでしょうか

見直しの背景にあるもの

タワーマンション固定資産税の計算方法

その見直しの背景にあるのは、タワーマンション階による取引価格の差違です。

タワーマンションは、一般的に、上階になるほど眺望や日当たりなどの理由から人気があり、低い階の部屋に比べて取引価格が高くなる傾向があります。

しかし、各住戸における固定資産税額は、1棟評価して、1棟全体の固定資産税額を各区分所有者の占有床面積によって按分して計算されています。


■スポンサーリンク


このため、これまでの固定資産税の計算では、階ごとの取引価格の差違が反映されず、その結果、高層階の所有者ほど固定資産税の税額が相対的に低くなるという問題がありました。

平成29年度税制改正により、タワーマンション固定資産税の計算方法が見直しされたのは、上記のような背景があり、今後は階層による取引価格の傾向を踏まえた形で固定資産税額が算出されるようになります

新しい評価方法となるタワーマンションとは

ところで、固定資産税の計算方法が見直される、タワーマンションとは、どのようなマンションでしょうか。

今回の見直しの対象となるタワーマンションは、建築基準法上の「超高層建築物」である高さ60メートル超の建築物のうち、複数の階に住戸が所在しているもの(居住用超高層建築物)を指し、おおよそ地上20階以上のマンションが該当します。

地元・神奈川でも、川崎、横浜市内なら駅前を中心に、20階以上のマンションは珍しくありません。

都内も含めれば、新築マンションのうち、ある程度の割合のマンションが対象となるでしょう。

新税制はいつから適用されるのか

固定資産税の計算方法がかわるのは、原則として、平成30年4月1日から新たに課税対象となるタワーマンションです(ただし、平成29年3月までに売買契約を締結したものは除かれます)。

つまり、これから新築されるものが対象であり、既存のタワーマンションについては現行のままの固定資産税評価額が適用されることになっています。

中古のタワーマンションは、平成30年以降の引渡しでも、現行のままの固定資産税評価額が適用されることから、中古タワーマンションの高層階は、新基準で固定資産税が課される新築マンションより、固定資産税について有利な物件として、今後人気がでる可能性があります。


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、かまくら相続|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。【初回無料相談実施中】ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク