専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

消費税軽減税率制度への対応は準備が必要です

2019年10月1日の消費税率の引き上げと同時に

消費税の「軽減税率制度」が実施されます

軽減税率制度は多くの方に関係します

スポンサーリンク

軽減税率制度の実施

消費税の税率は現在8%です

これが2019年10月1日に10%に引き上げられます

同時に、税率引き上げに伴う低所得者への配慮の観点から「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に、消費税の軽減税率制度が実施されます

つまり、2019年10月1日からの消費税は、軽減税率(8%)標準税率(10%)の2種類の税率が存在することになるのです

購入する品物によって、消費税の税率が異なるというのは、諸外国ではみられるものの、多くの方にとって初めてのことはでないでしょうか

 

軽減税率の対象品目

軽減税率の対象となる品目は、主に

  1. 飲食料品
  2. 新聞

です

 

なお、ひと言で、「飲食料品」といっても、すべての飲み物・食べ物が軽減税率の対象となるわけではありません

酒類は除かれますし、外食、ケータリングも軽減税率の対象とならないことが決まっています

 

新聞」についても、政治、経済、社会、文化等を掲載内容とし、週に2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものだけが軽減税率の対象となります

したがって、コンビニエンスストア等での新聞の販売は、定期購読契約に基づくものではないため、軽減税率の対象となりません

 

事業者の方は早めの準備を

軽減税率制度実施後は、事業者は、これまでの帳簿の記載事項に、税率ごとの区分を追加した請求書等の発行や記帳などの経理(区分経理)を行わなくてはなりません

課税仕入れ等の消費税額を控除するには、こうした区分経理に対応した帳簿や請求書等の保存も必要となります

 

来年10月の消費税率の引き上げまで、あと1年あまり

今度の消費税の改正は、単なる税率の引き上げでなく、一定の対象品目に限って消費税率を8%に据え置くという軽減税率制度もスタートします

軽減税率8%と標準税率10%、どちらへも対応できるような準備はすすんでいますか

 

***編集後記***

8月10日鳩の日限定のトートバッグ入り鳩サブレーを買いました

わたしが行ったお店のトートバッグは、「オレンジ」と「きみどり」でしたよ

たくさんの方に、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました

2018年鳩の日の限定グッズ
きたる8月10日は鳩の日 鳩サブレーで有名な鎌倉・豊島屋では この日にしか手に入れることが出来ない限定品が特別販売されます 2018年は鳩サブレーが10枚入ったトートバッグが登場します 今年も鳩の日限定販売があり...

・・・このブログ記事の内容は、投稿時点での法律や状況に基づいて記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、お客様の負担をできるだけ軽減するため相続税の申告から相続にまつわる各種お手続きなどをサポートしております

◆現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン(ZOOMなど)や電話でのご相談も承っております

事務所ホームページはこちら



消費税
スポンサーリンク
このブログをフォローする
色はいろいろ
タイトルとURLをコピーしました