ポイント還元事業の対象店舗検索が少し楽に

シェアする

Pocket

2019年10月1日からスタートする

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗を

検索するための地図アプリと

ホームページ上の地図機能が公開されました

スポンサーリンク

キャッシュレス・ポイント還元事業と加盟店

キャッシュレス・ポイント還元事業とは、

2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です

~キャッシュレス・ポイント還元事業HPより

2019年5月中旬より、この事業の加盟店の登録受付を開始したところ、9月5日現在の加盟店登録申請状況は、全国で約58万店となっています

消費者にとっての一番の関心は、一体、どのお店で支払いをしたら、ポイント還元がうけられるのかということでしょう

この事業をすすめている経済産業省は、当初、同事業でポイント還元を受けられる店舗一覧を何千ページという長大なPDFで公開していました

参考までに、私もそのPDFを眺めてみましたが、小さな文字の羅列が続く長いゝリストでは、近所のどのお店がポイント還元事業の対象店舗であるかを調べるのは、至難の業でした

*今回の地図サービス公開に合わせて、このPDFは取り下げられているようです

対象店舗を検索する地図アプリ公開

このように対象店舗の公開方法などに懸念が見られていたなか、2019年10月1日の事業開始を前に、キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗を検索するための地図アプリと、ホームページ上で対象店舗を表示する地図機能が公開されました

地図アプリは、スマートフォン上でダウンロードできます(検索ワードは「ポイント還元」などで)

現時点では、この地図アプリには、店舗の種類や住所入力による検索機能がありません

検索したい地域が表示されているときに「このエリアで検索」などを選択すると、このようにアプリの地図上に加盟店が表示されますが、駅前など集中しているエリアだと、こんな感じに…

もちろん地図を拡大することで、加盟店の位置を正確に把握し、お店の詳細情報を知ることはできますが

せめて、飲食業/小売業/その他、といった大雑把な区分けであっても、ピンの色を変えて表記するといった工夫がほしいところです

ホームページ上でも加盟店を探せます

この地図アプリとは別に、「キャッシュレス・ポイント還元事業」のホームページ上では、加盟店を検索する地図機能が加わりました

「キャッシュレス・ポイント還元事業」ホームページ内の「消費者のみなさま」の左下部「使えるお店を探す>登録加盟店はこちら>」をクリックすると

対象店舗を検索するためのホームページ上の地図機能では、アプリとは異なり、カテゴリー還元率決済手段による検索機能が備わっています

検索画面

ただし、現時点では、検索機能の使い勝手が良いともいえず、検索結果が表示されるのにも時間がかかる印象です

対象となる加盟店だけでなくアプリなどの機能も、随時更新されると思われますので、今後に期待したいですね

***編集後記***

三連休は学校行事や読書などを中心にゆっくりしました

台風15号に続き、かなりの強風でドキドキしましたが、予報より良い天気の連休でした


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク