税務署受付印の代用となるメール詳細とは

シェアする

Pocket

法人でも個人事業主でも

申告書提出後に税務署受付印のある

申告書の控えが必要になることがあります

電子申告の場合は「メール詳細」が受付印の代わりになります

平成28年分の確定申告状況

本日、国税庁のホームページに

平成28年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について」が発表されました。

平成28年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について

これは平成28年分の確定申告の状況(所得税等、個人事業者の消費税、贈与税の申告状況)やICT利用状況をまとめたものです。

ICT利用状況をみると、国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーや民間の会計ソフトで申告書を提出する方が着実に増えてきています。


■スポンサーリンク


e-Tax を利用して確定申告書を送信する、いわゆる電子申告も普及しました。

電子申告すると税務署受付印はどうなる?

これまで紙の確定申告書を提出していた方は、電子申告にすると、確定申告書の控えに押してもらっていた税務署の受付印がなくなってしまう、と心配になるかもしれません。

確かに、電子申告の場合は、紙の申告書を税務署に提出するというわけではないため、「〇年〇月〇日に申告書を受け付けました」という税務署の受付印がもらえません。

そのかわりに、電子申告で確定申告書を送信している場合には、「メール詳細」と呼ばれる受付メッセージが、電子申告した個人法人に送られます。

メール詳細」とは、国税庁が確定申告書のデータを受け付けたことを確認できる書類です。

メール詳細」など受信したメッセージは、それぞれの納税者のメッセージボックスに格納された日から120日を経過するとメッセージボックス(過去分)に移され、格納されてから1,900日間(約5年間)を経過すると既読・未読にかかわらず削除されます。

逆にいえば、それまでは破棄されないわけで、自分でメッセージボックスをのぞきにいけば、確定申告書を提出してから少し経っていても、「メール詳細」を手に入れることができるのは便利です。

メール詳細のだし方

税務署の受付印代わりとなる、「メール詳細」は、金融機関での手続きや補助金・助成金申請の際に提示や添付を求められることがよくあります。

メール詳細」の一番簡単な印刷の仕方は、

  1. 下記のホームページにて、e-Tax の利用者識別番号暗証番号を入力して、ログイン
  2. メインメニューメッセージボックス一覧確認画面へ
  3. 格納されている受信メッセージから必要な手続き名を選択

すると、「メール詳細」があらわれるので、提出が必要な場合は「メール詳細」を印刷します。

国税電子申告・納税システム

利用時間は、

通常期は、月曜日~金曜日(祝日等及び12月29日~1月3日を除く)の8:30~24:00まで。所得税等の確定申告時期は、土日祝日等を含む全日、24時間(メンテナンス時間を除く)。


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、かまくら相続|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。【初回無料相談実施中】ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク