税金について調べるには

シェアする

Pocket

税金のことでわからないことがあったときには

どのようにして解決したらよいでしょうか

ネット上で調べるならタックスアンサー

電話なら電話相談センターがあります

スポンサーリンク

タックスアンサーとは

タックスアンサーとは、国税庁のホームページ内に用意され、「よくある税の質問に対する一般的な回答」を調べることができるページです

タックスアンサー(よくある税金の質問)|国税庁

たとえば、タックスアンサーには、「パート収入はいくらまで所得税がかからないか」という質問が収録されています

このような税金に関する疑問や知りたいことが具体的にある場合、数あるタックスアンサーのページから、ピンポイントで合致する質問をみつけられると助かりますよね

でも、そうでない場合は、たくさんあるタックスアンサーから自分の知りたいこととその回答を見つけ出さなくてはなりません

そのような場合のために、タックスアンサーでは

  1. キーワードによる検索
  2. タックスアンサーコード一覧による検索
  3. 科目別による検索

というように、3種類の検索ができるようになっています

タックスアンサーにはどんな内容が収録されているのか、ざっと目を通して、自分の疑問に近いものを見つけるのであれば、「2.タックスアンサーコード一覧による検索」が適しているでしょう

「3.科目別による検索」は、所得税や相続税、法人税といった税金の種類ごとに調べる場合には便利ですが、税に馴染みのない方にとってはとっつきにくいでしょう

そこで、一般的には、「1.キーワードによる検索」を利用するのが、自分の知りたいことに近づく第一歩となるでしょう

たとえば、「キーワードによる検索」で、「パート」と入力した場合、検索結果は関連度が高い順に以下のように一覧表示されますので、この中から自分の疑問にあったものを探し出しましょう

タックスアンサーでわからない場合

タックスアンサーは、身近な税金についての情報を主に提供しているといわれます

しかし、その一覧をみていると、基本的な内容から特殊なケースと思われる内容までひろく網羅されています

とはいえ、調べようとしていることにピンポイントで合致するものがないことも多々あります

先ほどの「キーワードによる検索」を利用しても、自分の知りたいことの回答に辿り着けない場合には、電話相談センターを利用するという方法もあります

電話相談センターを利用する

国税に関する一般的な相談は、電話相談センターを利用することもできます

電話相談センターの利用は、最寄りの税務署に電話し、自動音声にしたがって番号「1」を選択します
税金に関する一般的な質問や相談をする際に選ぶのが「1」で、「1」を選択したあとは、以下の番号から相談する内容にあったものを選択します
「1」所得税
「2」源泉徴収、支払調書
「3」譲渡所得、贈与税、相続税、財産評価
「4」法人税
「5」消費税、印紙税
「6」その他

自分の質問が上記のどれに当てはまるかわからない場合は、「6」を選択すればよいでしょう

なお、最寄りの税務署は、税についての相談窓口から見つけることもできますし、国税庁ホームページのトップページ右下にある「税務署を検索」から探し出すのも手軽でおすすめです(特に、郵便番号から税務署を検索できるのをよく利用しています)

***編集後記***

今日は私用があり朝イチで海の近くの警察署へ

帰り道、海沿いを運転しながら、今日で海の家も店じまいだな~と思っていたら、ラジオからタイミングよく山下達郎の「さよなら夏の日」が♪(みんな考えること一緒だよねの8/31)


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク