専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

マイナポータルの試行運用は7月18日から

マイナンバーを利用したポータルサイト

「マイナポータル」の試行運用が

平成29年7月18日から始まります

スポンサーリンク

マイナポータルとは

マイナポータルは、マイナンバーを利用した、政府が運営するオンラインサービス。

子育てに関する行政手続きがワンストップでできたり、行政からのお知らせが自動的に届く機能を備えているそうです。

マイナポータルの、マイナはマイナンバーを、ポータルはポータルサイト(=総合窓口)を表しているのでしょう。

 

マイナポータルは2017年から順次サービス開始予定と、聞いていましたが、実際にマイナポータルのページへ行くと、ずっと「7月試行運用開始、秋頃に本格稼働します」とのメッセージが。

さらに、

「あなたにぴったりなサービスを探せるワンストップサービス(まずは子育て関連サービスから開始します)や、あなたの情報を確認できるサービスは只今準備中です。サービス開始後すぐにマイナポータルを利用できるように、まずはアカウントを開設しましょう」

とも。

サービストップ|マイナポータル

 

実際にいつ運用開始が始まるかわからないのに、アカウントを開設するのも…と思っていましたが、平成29年7月18日情報連携試行運用に併せ、マイナポータル・子育てワンストップサービス試行運用がスタートし、平成29年秋頃からは本格運用されることが本日発表されました。

マイナポータルの運用スケジュール

 

マイナポータルを利用するには

マイナポータル利用のために、マイナンバーカードICカードリーダライタパソコンなどが必要です。

マイナポータルログインの手順は、以下の通り。

  1. 必要なものの準備(マイナンバーカード、ICカードリードライタ、パソコンなど)
  2. インストール1(Java実行環境およびJPKI)
  3. インストール2(環境設定プログラム)
  4. ブラウザの設定
  5. 利用開始

ログインの手順|マイナポータル

 

マイナンバーカードICカードリーダライタパソコンなどの用意のほか、ソフトのインストールも必要なので、環境によってはハードルが高いかもしれません。

 

ICカードリードライタは、確定申告や電子証明書の認証のために、こちらを使用しています。

Amazonでの評価も高く、これまでのところ問題なく使えています。

 

が挙げられています。

 

実のところ、一読してもよくわからない内容が多いですね。

百聞は一見に如かず、始まってトライしてみるのが一番と感じました。

 

サンプル映像をみて、「予防接種のお知らせ」などが子供の月齢にあわせて届くのなら便利だな、と個人的には思っています。

子どもが成長するにつれて公費負担で接種する予防接種は少なくなりますが、日本脳炎のように特定の時期に「積極的勧奨の差し控え」などがあると接種を逃している場合もあります。

自治体からのお知らせのハガキで予定するようにしていますが、こういったリマインド機能がうまく活用できるようになると、マイナポータル楽しみです。


・・・このブログ記事の内容は、投稿時点での法律や状況に基づいて記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、お客様の負担をできるだけ軽減するため相続税の申告から相続にまつわる各種お手続きなどをサポートしております

◆現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン(ZOOMなど)や電話でのご相談も承っております

事務所ホームページはこちら



タイトルとURLをコピーしました