6月1日から郵便はがきの料金が62円に

シェアする

Pocket

昨年末に発表された

ハガキの値上げ

2017年6月1日から62円となるのに伴い

新しいハガキや切手が発売されています

ハガキの新料金

ハガキは、2014年4月の消費税増税に伴い、50円から52円に値上げされましたが、消費税率アップ以外で値上げするのは1994年に41円を50円に値上げして以来の約23年ぶりとのこと。

ハガキの値上げで今回話題となったのは、年賀ハガキは52円に据え置くという異例の決定も同時に発表されたため。

需要が多い年賀はがきは黒字を維持しているためで、引き続き52円が適用されるのは、毎年12月15日から1月7日の間に投函される、①日本郵便が発行するハガキ、②通常ハガキの表面に「年賀」の文字を朱記したもの。

電子メールやSNSの普及で、ハガキの利用が減るなか、年賀ハガキ以外のハガキは赤字とのことで、値上げに踏み切られたものの、これではハガキ離れが加速するのではという心配もあります。

往復ハガキは124円に

ハガキが62円に値上げ、ということは往復ハガキは124円となります。

このほかに、A4用紙が折らずに入る封筒サイズ(角形2号封筒)で、厚さ3センチ、重さ1キロを超えるものの料金が新たに設定されます。

52円切手には10円切手を足して

値上げを前に、昨日(2017年5月15日)お披露目された、一般用62円切手は満開のソメイヨシノを描き、背景はこれまでのグリーンからピンクに変わって明るい印象に。

慶事用・弔事用の62円切手、官製ハガキも、それぞれ従来のものと同じ題材ながらデザインと額面がかわっています。

62円ハガキや切手が新たに発売されたことで、52円のハガキや切手の販売は今月末で終了。

6月以降、52円ハガキや52円切手でハガキをだすときは、10円切手を貼り足します。

余談ですが、切手は素敵なデザインや可愛いものがでると、ついつい買ってしまいます。

とくにシール式が便利です!

一度「シール式」を使うと、従来の「のり式」には戻れません。

折に触れて購入し、季節やシチュエーションにあわせて選んでいたら、シール式の52円切手がまだこんなにたくさんありました。

先月購入したのは、My旅切手シリーズ第2集。

地元の風景やイラストが可愛いですが、6月から62円になりますよ、と一言欲しかったなぁ~

御礼状などすぐ送ることができるように、ハガキを常備しているので、出そうと思っているお手紙はなるべく今月中に投函します。

それから、これから出番が増えると思われる、10円切手もシール式のものが欲しいです!