専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

贈与税

スポンサーリンク
贈与税

どうなる?教育資金の一括贈与に係る非課税制度

30歳未満の孫などへ教育資金を贈与した場合 受贈者1人につき1,500万円まで贈与税が非課税となる 「教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税」は 開始から7年余り経ち、今後の動きが注目されます 今のところ、2021...
贈与税

贈与税の住宅取得等資金の非課税限度額を決める「省エネ等住宅」とは

親や祖父母などから 住宅取得等資金の贈与をうけた場合の非課税限度額は 「省エネ等住宅」と「それ以外の住宅」で大きく異なります どのような住宅が「省エネ等住宅」に該当するのでしょうか 住宅取得等資金の贈与税の非課税...
贈与税

住宅取得等資金の非課税限度額や申告について

親や祖父母からの住宅資金の贈与が 一定額まで非課税になる制度があります 贈与を受けた住宅取得等資金の金額が 非課税となる金額以下の場合でも申告は必要です 住宅取得等資金の贈与をうけた場合の非課税制度 住宅の購入...
贈与税

親などから住宅取得等資金の贈与をうけた場合

親や祖父母からの住宅資金の贈与が 一定額まで非課税になる制度があります 贈与税が非課税となるためには様々な条件があるので 贈与を受ける前に確認しておきましょう 住宅取得等資金の贈与をうけた場合の非課税制度 住宅...
贈与税

教育資金贈与は所得制限を加えて2年間延長

2013年4月1日からスタートした 教育資金贈与の非課税制度 期限を2019年3月31日までとしていましたが 所得制限を付して2年間延長されます 教育資金贈与の適用期限を2年延長 平成25年度税制改正により、教...
贈与税

住宅取得等資金の贈与の非課税と所得要件

父母や祖父母など直系尊属から マイホームの取得に充てるために金銭で贈与をうけた場合に適用できる 贈与税の非課税制度には 贈与をうける人に所得要件があります 減税しすぎ?多く見受けられた誤った申告 住宅ローン控除...
贈与税

消費税増税と住宅取得等資金贈与の非課税限度額

2019年10月より消費税率が10%に 引き上げられることが決まりました 両親や祖父母から贈与を受けて 消費税率10%で住宅の購入や建築の契約をした場合には 1年の期間限定で贈与の非課税枠が広がります 住宅...
贈与税

教育資金などの一括贈与非課税制度は平成31年3月まで?

教育資金や結婚・子育て資金の一括贈与をうけた場合 一定の金額が非課税となる制度があります それぞれの制度の比較をまとめました 教育資金などの非課税制度は平成31年度まで? 現行制度では、扶養義務者間(親子間等)で必要...
贈与税

贈与税の申告はいつすればよいの?

所得税の確定申告に比べると提出件数もすくない 贈与税の確定申告 所得税同様に申告書の提出期間が決められています 贈与税の申告書の提出期間 贈与税の申告書を提出しなければならない人は、一般的には、1月1日から12月31...
贈与税

教育資金非課税贈与の領収書等の提出が画像やPDFファイル送信でもOKに

平成25年度税制改正において創設された 教育資金の非課税贈与制度 これまで金融機関に書面で提出していた領収書等を 平成29年6月から画像データやPDFファイルによる方法でも提出できるようになります 教育資...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました