本屋「フルハウス」にブックカフェを

シェアする

Pocket

福島県南相馬市在住の

芥川賞作家柳美里さんが

自宅を改装して構えた書店「フルハウス」が開店して1年

カフェスペースを増築するためのクラウドファンディングがスタートしています

スポンサーリンク

本屋「フルハウス」

福島県南相馬市小高区在住の芥川賞作家柳美里さんがJR小高駅近くの自宅を改装して本屋「フルハウス」をオープンしたのは、ちょうど1年前の2018年4月9日です

南相馬市小高区(旧『警戒区域』)の自宅を一部改装した本屋「フルハウス」は、当初の計画ではカフェ併設でしたが、資金的な制約から、本屋のみの10坪で営業がスタートしました

フルハウスー作家・柳美里が店長を務める福島県南相馬市小高の本屋フルハウス

2011年3月に起きた原発事故によって「警戒区域」に指定された南相馬市小高区に「世界で一番美しい場所」を創りたい、その思いから生まれた柳美里さんの試みは、本屋「フルハウス」として形となり、現在は、火曜〜金曜 13:00-19:00、土曜 12:00-18:00(日曜・月曜定休)での営業がつづけられています

最初のクラウドファンディング

柳美里さんは、2017年7月に南相馬市原町区から同市小高区に転居し、書店の開店準備を進め、2018年4月に本屋「フルハウス」をオープンさせました

このとき、本屋さんの要ともいえる「書籍購入費」などの支援を募ったのは、2017年12月から翌年2月までに行われた、クラウドファンディングでした

福島県南相馬市小高区に本屋(ブックカフェ)を--。芥川賞作家・柳美里さんと旧「警戒区域」を「世界一美しい場所」へ。-クラウドファンディングのMotionGallery

クラウドファンディングとは、「こんなモノやサービスを作りたい」「こんなふうにしたら、こんな問題解決できる」といったアイデアやプロジェクトを持つ人材、団体などが、インターネットを通じて、世の中に呼びかけ共感した不特定多数から広く資金を集める方法で、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語です

このときのプロジェクト紹介文章はこちら

福島県南相馬市小高区にブックカフェを作ります。2011年3月に起きた原発事故によって「警戒区域」に指定された南相馬市小高区に「世界で一番美しい場所」を創りたい。その思いから生まれた作家・柳美里さんによるプロジェクトです

結果、このプロジェクトには、573人もの賛同者が集まり、目標金額500万円をはるかに超える約900万円の資金が集まり、本屋「フルハウス」がオープンしました

柳美里とあなたがつくるブックカフェ

こうした資金により、オープンした本屋「フルハウス」ですが、柳美里さんは、「実はまだ完成していません」といいます

完成する前に、なぜオープンしたのか。

それは、完成形となる前に、この場所に皆さんの声や思いを染み込ませたいと思っているからです。

企業や行政が店舗や建物をつくるときには、完成してからオープンするのが通例です。でもここは、そうはしたくなかった。

なぜかといえば、まだ未完成の段階から、多くの人がここを訪れて、本を眺めたり、立ち読みしたり、語り合ったり、思いを寄せたり、そういったひとつひとつが重なっていくことで、柳美里だけの本屋ではなく、ここを訪れる、思いを寄せる人たち、みんなの場所にしたいと考えているからです。

そして、実際にオープンしてみると、スペースが足りないという現実に直面しています

本屋部分は、もともと自宅の一部、事務所と土間のスペースをからなるため、面積は約10坪

10人も入ると満員御礼、文字通り<フルハウス>になってしまうといいます

この場所をお気に入りの場所だと言って通ってくれる人が増えてくると、どうしても手狭になり、高校生は、レジの横に座ったり、ご年配の方は店内が混んでいるようだと入店を躊躇されたりしてしまいます

またこの「フルハウス」は、すでに南相馬市の被災地視察先の一つという位置づけになっており、遠方からバスで訪れる方も多く、そんな日には全員がお店に入り切ることができないという状態になっているといいます

この「フルハウス」を、高校生も年配の方も遠方から訪れた方も、共に過ごし、交流が生まれる場所にしたい

そのためにブックカフェスペースを拡張して、「フルハウス」を完成させたい、そのための支援・第2弾のクラウドファンディングが2019年3月からはじまっています

芥川賞作家・柳美里とあなたがつくるブックカフェー福島県南相馬市 本屋「フルハウス」に、あなたの思いを染み込ませたい--クラウドファンディングのMotionGallery

カフェスペースを増築し、地域の学生や市民、南相馬市を訪れた人たちとの交流スペースをつくるためのクラウドファンディングは、2019年6月28日まで、残り日数81日です

***編集後記***

2周年、3周年と積み重ねてほしいという思いとともに、フルハウス開店1周年を記念して、クラウドファンディングに参加しました

本好きな方、カフェ好きな方、本のセレクトショップといわれる「フルハウス」を一緒につくりあげましょう


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク