「Giving December」?いえいえ、寄付はお早目に。

シェアする

Pocket

「Giving December」が2015年から始まっています

毎年12月を寄付月間と位置づけ、寄付を呼び掛ける全国的なこのキャンペーン

確かに、12月になると、街頭募金や歳末助け合い、寄付のDMが増えますが…

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-01-19-41-03

スポンサーリンク

Giving December とは?

「Giving December」という言葉、初めて耳にしました。

寄付の普及を目的に、内閣府や民間企業、自治体などが協力。

毎年12月を寄付月間と位置づけ、全国で寄付を呼び掛けるイベントを開く取り組みが2015年から始まったそう。

寄付月間~Giving December

寄付の文化が根付いていない日本。

寄付に関心を寄せ、行動をするきっかけとなるといいですよね。

ホームページには、

「1年の終わりに、未来を考え寄付をする。

そんな習慣を、はじめたいと思います。」とありました。

でも、未来を考えるのは、むしろ新年や年度始まりであったりしませんか。

12月でなくてもと思ってしまいます。

寄付が12月になってしまう理由

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-01-20-51-59

もともと寄付は、金額も件数も、12月が最も多いのでは、と思います。

それは、毎年、確定申告書を作成しての体感から。

12月でも、後半の日付に払い込みをした寄附金領収証の多いこと。

サンタクロースのように、20何日になると、振り込みたくなるのでしょうか。

寄付が12月になってしまう理由を考えてみます。

~ボーナスがでた

~クリスマスムード

~歳末助け合いが始まる

~確定申告が間近で寄付金控除が話題になる

~1年の収入の目安もつき、寄付できる金額が固まる

もちろん、寄付金控除の対象となる所得税や住民税が暦年(1/1~12/31)単位で課税されることも大きな理由の一つです。

年末ギリギリの寄付はこんなことも

年末ギリギリに寄付をする気持ち、とてもわかります。

「寄附金領収証」の日付が12月27日でも、年明けの確定申告の資料として問題ありません。

それでも、あまり年末ギリギリの寄付をすすめられないのは…12月後半にある学校法人へ行った寄付に対して、確定申告の寄付金控除の添付資料として、その学校法人からのお礼の手紙を提示されたことがありました。

そのお礼の手紙の日付は翌年1月のもの。この手紙とは別に「寄附金領収証」もあり、前年の12月に寄付金額を納めたことがわかったものの、あまりに年末に近い寄付だと受領事務が翌年となり、寄付がいつ行われたのかわからず困惑してしまうことがあります。

今月中に、とまではいいませんが、寄付をする予定があるのならば、12月半ばまでには払い込みをすませましょう。そして、寄附金領収証や証明書は大切に保管しましょう。


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク