専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

通帳なしでも安心?入出金明細をみられる期間が長く!

通帳不発行型のネットバンクの利用を促進するため

ネットバンク利用であれば入出金明細の照会期間をのばす傾向が強まっています

もはや最大10年間は標準で

20年後、30年後もさかのぼって明細がみられる未来が近づいています

スポンサーリンク

通帳発行コストを抑えたい金融機関

通帳発行にかかるコストを削減するため、通帳発行に手数料をとる銀行が増えています

代わりに各行が力をいれているのは、ATM手数料や振込手数料に優遇措置を設けたり、紙の通帳を発行せず「パソコンやスマホで明細・残高照会」をするサービスを拡充することです

たとえば、三菱UFJ銀行の「Eco通帳」を利用すると、スーパー普通預金(メインバンク プラス)の取引で、つぎのような優遇をうけられます

  • 三菱UFJ銀行ATM時間が手数料が何回でも無料
  • 提携先コンビニATM利用手数料が1回まで無料
  • 「三菱UFJダイレクト」での他行あて振込手数料が1回まで無料

 

オンライン上の通帳のメリットとしては、盗難・紛失の恐れがないところや、紙の通帳を何冊も保管してなくても、ネット上で明細をさかのぼって見ることができるところです

通帳不発行にすると、ネット上で過去の明細をみようとしても数か月しか見られないというのは過去のはなしで、最近では、最長10年、20年、30年といった長い期間の入出金明細を確認できるというのがセールスポイントにもなっています

 

オンラインで取引明細をみれる期間を長く

ネット通帳利用の場合、過去の取引明細をみられる期間を3大メガバンクで比較してみましょう

  • 紙の通帳に代わる「みずほダイレクト通帳」では、「みずほダイレクト通帳」申込月の前々月以降の取引明細を最大10年間分オンラインで確認できます
  • 三菱UFJ銀行の三菱UFJダイレクトでは、「Eco通帳」に加えて「取引推移表」の申込で、過去の入出金明細を最長10年分無料で確認できます
  • 三井住友銀行の「Web通帳」を利用すると、2019年以降の明細が対象ではありますが、30年後もさかのぼって明細がみられることになっています

 

途中で口座を解約した場合は対象外であったり、ネット上の通帳を申し込みした前々月や2019年以降の明細が対象といった制限が各銀行ありますので、内容をよく理解して申し込むことが重要です

 

ゆうちょダイレクト+の入出金明細も「最大20年間」へ

このほど、ゆうちょ銀行の「無通帳型総合口座」(ゆうちょダイレクト+(プラス))の入出金明細の照会期間も「最大20年間」に拡大されることが公表されました(2021年3月以降の明細分から)

ゆうちょダイレクト+」は、通帳を発行しない、キャッシュカードとゆうちょダイレクト上で送金・入出金明細照会等の手続きが可能なゆうちょ銀行の総合口座向けのサービスです

ゆうちょ銀行の口座を持っていない方は、「ゆうちょダイレクト+利用申込書」を作成し、必要事項を記入のうえ、郵送すると、「ゆうちょダイレクト+」の口座を開設できます

ゆうちょ銀行の総合口座を既に持っていて「ゆうちょダイレクト」を申し込んでいる場合は、「ゆうちょダイレクト」にログイン後、「ゆうちょダイレクト+」へ切り替えを行うことで、通帳を保管することなく「ゆうちょダイレクト」でいつでも簡単に最大20年間の入出金明細を確認できるようになるということです

紙通帳を何冊も保管しなくても、10年後、20年後、30年後もさかのぼって明細が見られるというニーズは限定的な気がしますが、紙通帳を持ってATMや窓口に並ばなくても、アプリで残高や明細がみられるという利点を好む方は今後ますます増えていくことでしょう

 

***Something NEW***

Money Forward クラウド確定申告の申込み

フツウニフルウツ鎌倉駅前販売所 もも茶ん


・・・このブログ記事の内容は、投稿時点での法律や状況に基づいて記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、お客様の負担をできるだけ軽減するため相続税の申告から相続にまつわる各種お手続きなどをサポートしております

◆現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン(ZOOMなど)や電話でのご相談も承っております

事務所ホームページはこちら



OTHERS
スポンサーリンク
このブログをフォローする
色はいろいろ
タイトルとURLをコピーしました