専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

令和3年分の確定申告状況

令和3年分の所得税・消費税・贈与税の

確定申告状況が公表されています

国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーを利⽤して

自宅から e-Tax で申告書を提出している方が増加しています

スポンサーリンク

令和3年分の確定申告状況が公表

令和3年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について

国税庁から公表されました

これは、令和3年分の所得税・消費税・贈与税の申告状況を

様々な角度からまとめたものです

 

令和3年分の所得税の確定申告書の提出人員は、2,285万人で

平成29年分からの人数を眺めてみると、ほぼ横ばい-微増で推移しています

 

確定申告書を提出した方のうち、

申告納税額がある方は、約657万人と前年比べて微減したものの、

その所得金額は46兆2,398億円と前年と比べて8.7%増え、

申告納税額に至っては3兆7,915億円と前年に比べて19.8%も増加しています

 

土地や株式等の譲渡所得の所得金額についても公開されており

令和2年分に比べて、土地等の譲渡所得の所得金額で15.1%、

株式等の譲渡所得の所得金額で30.2%も増加していることがわかります

 

自宅からの e-Tax利用が増加

令和3年分の確定申告で顕著だったことは、e-Taxの利用率アップです

 

とりわけ、税務署などの確定申告会場へ来場せず

国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」や各種会計ソフトを利用して

自宅から納税者自身により e-Tax で申告書を提出した方は、

令和2年分の約1.4倍となる422万人で、100万人以上も増加しました

 

税務署などで所得税等の申告書を作成・提出した方の数(約311万人)を

はじめて上回り

「自宅でいつでも申告」が時代のニーズに合致した結果といえるでしょう

 

贈与税の申告も増加

贈与税の申告書の提出人員等が増えていることにも注目です

令和3年分の贈与税の申告書を提出した方は、53.2万人(前年比9.5%増)で、

申告納税額3,327億円は、前年比+20%と急増しています

 

贈与税については将来の改正などが色々と予測されていること

実際に住宅資金贈与の非課税枠などが年々縮小されていることなどから

現行の制度を最大限活用するような行動が表出されているのか

あるいは、不動産や株式の高騰によるものであるのか

興味深いところです

 

***Something NEW***

信用取引にかかる株式の評価

坪田ラボ(IPO)

 

 

 

 


・・・このブログ記事の内容は、投稿時点での法律や状況に基づいて記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、お客様の負担をできるだけ軽減するため相続税の申告から相続にまつわる各種お手続きなどをサポートしております

◆現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン(ZOOMなど)や電話でのご相談も承っております

事務所ホームページはこちら



タイトルとURLをコピーしました