針もつかわず、穴もあかないステープラー

シェアする

Pocket

日々進化する文具

最近仲間入りしたものを

2回にわけてご紹介します

穴なしハリナックス

正式名称は、針なしステープラー ハリナックスプレス

針なしステープラーとして有名な KOKUYO の<ハリナックス>シリーズ

金属針を使わずに紙自体で綴じることができ、環境に優しい、安全で作業の効率化が図れるといった利点から、2009年12月の発売以来、販売数が増加しています。

しかし、これまでの<ハリナックス>シリーズは紙を折りたたんで綴じるタイプで、構造上、紙に綴じ穴が開くため、使いたいけれど、大切な書類に穴を開けたくないという声がありました。わたしも、かつて穴を開けて折り込んで綴じるタイプの<ハリナックス>を使用しましたが、穴があく点と、思ったより上手く綴じられない点が気になりました。

そこで、登場したのが、針なしステープラー ハリナックスプレス

金属歯で紙を圧着するプレスロック式を新たに採用し、穴を開けずに5枚の紙を綴じることができます。また、綴じ部が厚くならないため、重ねた際にもかさばらない、さらには、外したいときは綴じ部を平らにならすだけで、簡単に外せるという特長もうたわれています。

経理のシーンで、請求書、領収書等をファイルしているとき、一緒に振込明細書やレシートを保管したいときがあります。

そんなとき、スティックのりホッチキスを使用していましたが、最近はハリナックスプレスも取り入れ始めました。

意外とすぐに使い終わってしまうスティックのり、針が必要なホッチキスと違い、これさえあれば補充の心配をせずに半永久?に使えるのがよいですね。

綴じ跡も目立たず、綴じの保持力もまずまずです。数枚の書類ならスマートに綴じられます。

唯一の欠点と感じたのは、綴じ部の奥行きが少ないこと。

結論からいうと、紙の端にごく近いところでしか綴じられません。

下の説明をご覧下さい、直線綴じの場合、用紙の端からわずか2ミリの位置に綴じ部が。

保持力は想像以上なのですが、この端との近さがなんとなく心許なく、綴じられるものを選んでしまいます。

一度綴じた紙を外せる、というのも試してみました。

ハリナックスプレス本体後部やボールペンなどのなめらかな部分で綴じ部をこすり、平らになったら、そっと紙を外します。

綴じ跡は残りますが、通常のステープラーや以前のハリナックスでは紙に穴があくので、それよりは損傷はすくなく感じます。

はずした後は同じ箇所を二重に綴じることはできない、と注意書きにかいてあるので、綴じた紙をはずした後は、その部分を避けてもう一度綴じてみました。問題ありません!

なお、「コンパクトな形状で、置いて使うことも、手に持って使うこともできます」とKOKUYOのホームページには書いてありますが、ちょっと重いし、携帯には大きく感じます。

色は、白、緑、ピンク、青の4色。

もちろん緑を選びました。

オフィス周りのものは色を統一するとスッキリします 忘れ物防止にもなるかも ライムグリーンでまとめてみました 外出時に持ち歩...

針なしステープラー ハリナックスプレスは、2016年度グッドデザイン賞を受賞しています。